中学生の僕がクラウドファンディングしてまで一人旅に出たかった理由

中学生の僕がクラウドファンディングしてまで一人旅に出たかった理由


中学生から届いた一通のメール

ある日、編集部宛てに届いた一通のメール。「僕を取材してください。難しいようであれば、お話だけでもして頂きたいです」。差出人は、中学生でした。

会ってみようと思ったのは、彼が中学生でありながら、一人旅のための資金をクラウドファンディング「polca」で募っていたから。そして、決して長くないメールに率直かつ伝わってくる熱を感じたことからでした。

当時中学3年生だった岩田楽(いわた がく)さんと会ってお話をした編集部は、彼に宿題を出しました。「僕がクラウドファンディングしてまで一人旅に出たい理由」の答えを、今回の旅の間、改めて考えてきてください。旅から帰ってきた後に、もう一度お会いしましょう、と。

こんな面倒臭いことを言う編集部にはもう連絡してこないかもしれない、そんな思いもよぎりましたが、彼はちゃんと約束通り、旅の報告と宿題の答えを胸に、我々と再び会うことになったのです。

今回の旅の目的は“人とのつながり”。三軒茶屋Tシャツを着て居酒屋へ
中学生の僕がクラウドファンディングしてまで一人旅に出たかった理由


―おかえりなさい! 今回の旅はどうでしたか?

「めちゃくちゃ楽しかったです! 今回は、“人とのつながり”を目的に東北北海道を旅したんですが、とにかく地元の人とたくさん話をしたいと思っていました。

なので行った先々で『地元の人と話がしたいんですが、いいごはんスポットはないですか』って聞いて回ったんです。でもこれが、特に小樽では中々なくて。どうしよう、とウロウロ歩き回っているうちに、おたる屋台村のレンガ横丁にたどり着いたんです。居酒屋に人がたくさん集まっているのを見て、ここしかない! って思いました」

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2018年6月4日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。