英国政府観光庁が発表した「日本人のトリセツ」はこれだ!

英国政府観光庁が発表した「日本人のトリセツ」はこれだ!


英国政府観光庁のマーケティング資料は実に詳細で、日本人観光客について71ページにも及ぶレジュメが作成されています。「接遇」の注意の中で、日本人の習慣について触れている点の中から新鮮に感じられたものをいくつかご紹介します。

「日本では人前で鼻をかむのは失礼」
英国政府観光庁が発表した「日本人のトリセツ」はこれだ!


対応策としては、「後ろをむいて(かむこと)」としています。退席するわけでもないので、結局音は聞こえるのですね(笑)。「ハンカチーフでなく、ティッシュを使うこと」というのは細かい指摘なのですが。

ちなみに欧米では人前で鼻をすするのはNGで、かむのはOKなので、このあたりにも文化の違いがありますね。

「パーソナルスペースに気を付けること」
「伝統的な挨拶はおじぎ」「最近は握手もよく使われる」日本人には、ハグはしないようにということでしょうか。イギリスは、カジュアルな場面では、案外ハグとキスが盛んなので、一応釘をさしているようです。

「礼儀正しさと敬意が重要」
礼儀正しく、敬意を示す例として、「見送りのときはドアまでエスコート」「時間厳守」することとしています。もっと良い例がありそうですが。


「健康と安全は日本の重大な関心ごと」
英国政府観光庁が発表した「日本人のトリセツ」はこれだ!


「そのため、交通機関や屋外ではしばしばマスクが着用される」「ホテルやスーパーマーケット、オフィス等の公共の場において、ロビーに手の消毒液が設置されはじめている」といった国であるため、「そのような設備が高く評価される」としています。たしかに清潔が大好きな日本人です。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2018年8月30日のトラベル記事
「英国政府観光庁が発表した「日本人のトリセツ」はこれだ!」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    「おもてなしの国」を自称する日本も、「郷に入っては郷に従え」ばかりでは無く 外国人観光客の事をもっと理解して対応しないとダメですね♪

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。