シンガポールに行ったら訪れたい、宝箱のようなプラナカン博物館

シンガポールに行ったら訪れたい、宝箱のようなプラナカン博物館


シンガポールは言わずと知れた多民族国家。文化もミックスされて、他にはない美が生まれました。シンガポールで必見の観光スポット、プラナカン博物館をご紹介します。

プラナカン博物館とは?

「プラナカン」はマレー語。「この地で生まれた」という意味があります。歴史をたどれば、貿易において海上ルートの重要拠点であったシンガポール。ここに住み着いた外国商人が多くいました。シンガポールのプラナカンの多くは中国系です。19世紀に中国からやってきた貿易商人と現地の女性が築いた家族の子孫になります。

シンガポールに行ったら訪れたい、宝箱のようなプラナカン博物館


プラナカン博物館に展示されている工芸品には、中国、マレー、インドの文化の美しき融合がみてとれます。

学校だったという建物自体もネオクラシカル様式で、入る前から気持ちが華やぎます。

愛らしく、華やかな陶器のニョニャウェア
シンガポールに行ったら訪れたい、宝箱のようなプラナカン博物館


素敵ですよね!19世紀から20世紀初頭にかけ、プラナカンのために景徳鎮でつくられた食器がニョニャウェアです。明るい黄緑色、桃色、緑色といった鮮やかな色調と、豊かな模様が特徴。牡丹の花、フェニックスなどが描かれています。お正月や結婚式といったおめでたい日に使われました。

シンガポールに行ったら訪れたい、宝箱のようなプラナカン博物館


シンガポールに行ったら訪れたい、宝箱のようなプラナカン博物館


こちらはおそらく、食物の保管や給仕に使われていたもの。取っ手は狛犬、内側は海藻の間を泳ぐ金魚が描かれているそうです。

シンガポールに行ったら訪れたい、宝箱のようなプラナカン博物館


ピンク系もまた乙女心をくすぐります。

シンガポールに行ったら訪れたい、宝箱のようなプラナカン博物館


シンガポールに行ったら訪れたい、宝箱のようなプラナカン博物館


幸せのモチーフである蝶が描かれています。

シンガポールに行ったら訪れたい、宝箱のようなプラナカン博物館


ニョニャウェアとの相性もぴったり。

シンガポールに行ったら訪れたい、宝箱のようなプラナカン博物館


こちらは日常使いでしょうか。白と青の陶器です。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. シンガポール お土産
  2. シンガポール 旅行
  3. シンガポール 観光
TABIZINEの記事をもっと見る 2018年8月31日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「シンガポール + お土産」のおすすめ記事

「シンガポール + お土産」のおすすめ記事をもっと見る

「シンガポール + 観光」のおすすめ記事

「シンガポール + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「フランス」のニュース

次に読みたい関連記事「フランス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら