マカオ旅行記・女ひとり編【2】青の芸術!アズレージョの世界にどっぷり

マカオ旅行記・女ひとり編【2】青の芸術!アズレージョの世界にどっぷり


ポルトガルの伝統芸術「アズレージョ」は、白地に青で描かれた模様が美しいタイル。この装飾を施した建築物を、マカオでも多く目にすることができます。おすすめアズレージョスポットから見どころ、お土産屋までを一挙ご紹介。女ひとりマカオ旅、神秘的な”青の世界”に酔いしれるの巻!

What’s アズレージョ?
マカオ旅行記・女ひとり編【2】青の芸術!アズレージョの世界にどっぷり


アズレージョ(Azulejo)はポルトガル語で「タイル」という意味。手作り・工業製品・柄の有無などに関係なく、タイルは全てアズレージョ。上薬(うわぐすり)を塗り焼かれたタイルには、幾何学模様や花、景色などが描かれています。語源は諸説あり定かではありませんが、ペルシャ語で「青」の意味を持つLazuliから来たという説や、アラビア語で「小さな磨かれた石」という意味のAl zulaigaが由来だとも言われるそうです。複雑に絡み合う歴史の流れを感じさせますね。

絶対に見逃せないアズレージョがある!おすすめ3大スポット

東洋と西洋の文化が混在する、エキゾチックな雰囲気がたまらないマカオ。大航海時代、ポルトガル船は様々な文明をこの街にもたらしました。そのうちの一つがアズレージョ。その名残は、とりわけマカオ半島の歴史地区に多く見られます。早速、ぜひ訪れてほしい3つのスポットをご紹介。

「民政総署」
マカオ旅行記・女ひとり編【2】青の芸術!アズレージョの世界にどっぷり


セナド広場の真向かいにある地方自治局。厳かな雰囲気に包まれるその建物は、世界遺産に登録されています。

マカオ旅行記・女ひとり編【2】青の芸術!アズレージョの世界にどっぷり


マカオ旅行記・女ひとり編【2】青の芸術!アズレージョの世界にどっぷり


中はめくるめくアズレージョ空間。人気のフォトスポットであることは、言うまでもありません。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2018年8月30日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「お土産」のニュース

次に読みたい関連記事「お土産」のニュースをもっと見る

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。