独特の町並みと雰囲気がたまらない、北部ヨーロッパの美しいハンザ都市6選

独特の町並みと雰囲気がたまらない、北部ヨーロッパの美しいハンザ都市6選


中世の時代、北部ヨーロッパで隆盛を誇ったハンザ同盟。かつてのハンザ都市には、今も美しい町として知られていたり、世界遺産に登録されていたりと、往時の栄華の面影を残す町がたくさんあります。

重厚かつ華やかで、メルヘンチック。独特の町並みと雰囲気に心を奪われる、6つのハンザ都市を旅してみましょう。

ハンザ同盟とは?

独特の町並みと雰囲気がたまらない、北部ヨーロッパの美しいハンザ都市6選


ハンザ同盟とは、中世後期に北とバルト海周辺のドイツ系都市による経済同盟のこと。
「ハンザ」は、もともと「商人仲間」を意味しています。

14世紀ごろの最盛期には、加盟都市数200を誇る一大連合となり、地域の貿易を支配。北部ヨーロッパの経済圏を牛耳るほどの力をもっていました。

かつての加盟都市は、現在のドイツをはじめ、ポーランドやスウェーデン、エストニアなど広範囲にわたり、富と権力を背景に、豪華な建物が数多く建てられたハンザ都市には、現在も当時の繁栄ぶりを物語る美しい町並みが残っています。

色とりどりのメルヘンチックな建物に、重厚なレンガ造りの建物がピリリとアクセントを利かせた風景には、見る人の心をつかんで離さない、独特の魅力があるのです。

ベルゲン(ノルウェー)

独特の町並みと雰囲気がたまらない、北部ヨーロッパの美しいハンザ都市6選


ノルウェー第2の都市で、フィヨルド観光の玄関口として知られるベルゲン。13世紀、この町にハンザ同盟の事務所が置かれ、ハンザ商人による統治のもと、名産の干しダラの輸出によって繁栄を極めました。

ベルゲン港に面した町の中心部には、「ブリッゲン」と呼ばれる地区があり、ハンザ同盟時代を物語る町並みとして、世界遺産に登録されています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2018年10月6日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。