イギリスを旅する日本人旅行者は、関東在住のポジティブな人が多い!?

イギリスを旅する日本人旅行者は、関東在住のポジティブな人が多い!?


日本人が訪れるヨーロッパは、ドイツフランス、スペイン、イタリアが圧倒的に多くなっています。イギリスは、5位の座をスイスやオーストリアと競っているような状況です。

そんななか、イギリスに行く人はどんな人が多いのでしょうか?英政府観光庁のデータをみてみましょう。

訪英する日本人の年代・性別・目的
イギリスにとって日本人は、年間約25万人やってくる、26番目に多い訪英外国人です。2014年から2016年の平均からすると、男性が58%、女性が42%となっています。年齢はちょっと高めで、35歳以上が63%を占めています。

一方、35歳未満がこの10年でぐっと減っているとのこと。日本の高齢化と若者の海外旅行離れが影響しているようです。イギリスを訪問する目的としては、観光が46%、ビジネスが31%、親族・友人訪問が16%となっています。

訪英する日本人の在住エリア
イギリスを旅する日本人旅行者は、関東在住のポジティブな人が多い!?

北海道 小樽

イギリスに行く日本人の在住エリアも判明しています。関東が56%、近畿が16%、中部が14%と本州の中央部が86%を占めています。この部分は日本の人口の68%であることからみると、ぐっと高めになっています。

逆に、もっともイギリスに行く人が少ないエリアは北海道で、訪英日本人のたった1%となっています。北海道の人口は日本人の4パーセントなので、北海道の人は特にイギリスに興味がないことが分かります。北海道とスコットランドは気候や景観が似ているところがあるので、あえて行きたいと思わないのかもしれませんね。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2018年10月2日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アメリカ」のニュース

次に読みたい関連記事「アメリカ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「フランス」のニュース

次に読みたい関連記事「フランス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドイツ」のニュース

次に読みたい関連記事「ドイツ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。