体がぽかぽか温まる、ヨーロッパの絶品ジャガイモ料理5つ

付け合わせや主食として世界で親しまれているジャガイモ。国内だとカレーや肉じゃが、ポテトサラダにコロッケなどが定番ですが、海外にはさまざまな食べ方があるようです。そこで今回は、ジャガイモ料理が充実しているヨーロッパより、これからの時期にぴったりの代表的なメニューを見てみることにしましょう。

体がぽかぽか温まる、ヨーロッパの絶品ジャガイモ料理5つ

©Flickr / Tavallai

ドイツ、オーストリア、ポーランドなど/クネーデル

ドイツを中心に、東ヨーロッパの地域で親しまれている家庭料理「クネーデル」。ジャガイモや固くなったパンで作るシンプルなものから、中に具を包んだもの、具を練り込んだものなど、さまざまなスタイルがあるようです。

体がぽかぽか温まる、ヨーロッパの絶品ジャガイモ料理5つ


モチモチした食感は、すいとんのよう。肉料理だけでなくスープと食べてもグッドです。

体がぽかぽか温まる、ヨーロッパの絶品ジャガイモ料理5つ


スペイン/パタタス・ブラバス

角切りにしたジャガイモのフライに、ピリ辛のトマトソースやアイオリソース(ニンニク入りマヨネーズ)をかけた「パタタス・ブラバス」は、スペインの定番タパス(おつまみ)。スペイン国内のレストランやバーなら、ほぼどこでも食べられる料理です。濃厚な味わいはビールにピッタリ! 

体がぽかぽか温まる、ヨーロッパの絶品ジャガイモ料理5つ


フランス/アリゴ

マッシュポテトにトム・フレーシュというチーズを練り込んだ、中南部オーブラック地方の郷土料理。上手にできればポテトがびよーんと伸びる、ユニークな料理です。肉料理の付け合わせとして食べることが多く、ジャガイモとチーズの相性のよさを実感できる1品。優しい口当たりなのでどんどん食べられそうですが、高カロリーなので要注意。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2014年10月25日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。