犬は立入禁止!猫神様が祀られる、由緒正しき猫島「田代島」のいまむかし

犬は立入禁止!猫神様が祀られる、由緒正しき猫島「田代島」のいまむかし


日本には、猫が多く暮らす島、通称猫島が点在しています。その中でも元祖と言われるのが宮城県の田代島(たしろじま)。なんと猫神様が祀られる神社まであるのです。この筋金入りの猫島の今昔を調べてみました。


田代島とは?
犬は立入禁止!猫神様が祀られる、由緒正しき猫島「田代島」のいまむかし


宮城県石巻市に属する田代島は、周囲11.5kmほどの小さな島。石巻市の中心エリアから約17km離れたところにあります。東北に位置しますが、月平均の気温がマイナスになることがない、比較的温暖な気候です。

この島には現在人が70人前後暮らしていて、猫は120匹程度いると言われています。飼い猫~地域猫~野良猫といて、食事スタイルもさまざま。漁のおこぼれにあずかる猫、人に餌をもらう猫、山で自分で餌を捕る猫がいるそうです。

島の施設としては、猫グッズなどが手に入る「島のえき」と、漫画家のちばてつや先生と里中満智子先生がデザインした猫型ロッジがある市営の宿泊施設「マンガアイランド」があります(2018年は7~10月のみオープンの実績)。

猫が増えた理由
犬は立入禁止!猫神様が祀られる、由緒正しき猫島「田代島」のいまむかし


田代島では、江戸時代に養蚕業が行われており、多くのカイコが飼われていました。そのカイコを狙うネズミ対策で、猫が必要とされました。それが、田代島で猫が増え始めたきっかけと言われています。

明治以降は、大謀網という大型の定置網を使った漁業が盛んになります。漁師が暮らす小屋の近辺には食べ物を求めて多くの猫がやってきました。漁師は、猫の仕草から天気や漁の結果を占うようになったそうです。島ではいつしか猫が大漁を招き、海難事故を防ぐ守り神となっていきました。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2018年12月6日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。