ベルサイユ宮殿にある調度品のシルクはほぼリヨン産!?リヨンシルクの魅力【フランス土産】

ベルサイユ宮殿にある調度品のシルクはほぼリヨン産!?リヨンシルクの魅力【フランス土産】

(C) minacono

2018年夏に皇太子さまがリヨンに訪問された際、日本のニュースでも取り上げられたリヨンの絹。ルネッサンス時代のリヨンでは、絹産業が盛んに行われていました。ベルサイユ宮殿にあるシルクの調度品は、ほぼリヨンで作られたものだそうです。日本で世界遺産に指定されている富岡製糸場とも深い関係があるリヨンのシルクについて紹介します。

リヨンの絹職人「カヌー」たち

ベルサイユ宮殿にある調度品のシルクはほぼリヨン産!?リヨンシルクの魅力【フランス土産】

(C) minacono

カヌー(Canut)とは、リヨンの絹織物の職人さんたちのこと。ルネッサンス時代にはリヨンの住民の40%が絹に関係する仕事(織物職人や絹商人)をしていたほど、リヨンでは絹産業が盛んでした。リヨン中心街の北、丘の上の地区クロワルッス(Croix-Rousse)には多くのカヌーたちが住んでいて、過酷な労働条件のもと家族総出で働いていたそうです。のちにカヌーたちは3回も暴動を起こしますが、どれもうまくいかずに、たくさんの人が犠牲になったという悲しい過去もあります。何千人といた絹織り職人は、現在はリヨンにたった5人となってしまったそうです。

ベルサイユ宮殿の豪華な調度品の数々

ベルサイユ宮殿にある調度品のシルクはほぼリヨン産!?リヨンシルクの魅力【フランス土産】

(C) minacono

ルネサンス時代、カヌーたちが作った絹織物は王室や貴族たちの日用品として使われていました。ルイ14世の命により、ベルサイユ宮殿にある調度品、椅子やベッド、壁にかかるタペストリーなどの絹織物のほとんどはカヌーたちが作ったそうです。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年1月23日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。