【マレーシア】魅惑のネイチャーワールド!コタキナバルで出逢う珍しい猿たち

【マレーシア】魅惑のネイチャーワールド!コタキナバルで出逢う珍しい猿たち
       

©shutterstock

クアラルンプールから空路で約2時間半、コタキナバルに到着します。コタキナバルは、マレーシアのサバ州の州都で、ボルネオ島のマレーシア領のこと。最近では旅行者も増え、人気の観光エリアとなっています。コタキナバルは、マレーシアの首都、クアラルンプールとは別世界。少しバスで走っただけで、熱帯のジャングルが顔を出し、マングローブの森や珍しい野生動物に高い確率で遭遇できるネイチャーワールドなのです。現地ツアーには、ジャングルクルーズ、ナイトサファリもあり、熱帯の自然を思う存分、体感できます。さて、コタキナバルには、どのような野生動物が生息しているのでしょうか。今回は、コタキナバルに生息するサルをクローズアップしてみました。

ファニーフェイスなテングザル

【マレーシア】魅惑のネイチャーワールド!コタキナバルで出逢う珍しい猿たち

©Flickr/Sergey Pisarevskiy

一度、見たら忘れられない顔とは、まさにこのサルの顔のこと。現地のお土産でテングザルがプリントされたTシャツやポストカードもたくさん売っています。それもそのはず、テングザルはボルネオ島にしか生息していない、絶滅危惧種で、川を泳いで渡る珍しいサルなのです。でも、インパクトのある見た目に反して、性格は温厚そのもの。他のサルに寝床を奪われても、怒ったりしません。素直に場所を譲ってしまいます。このサルの持つ温厚さも、生存競争の激しい自然界で生き抜く知恵のひとつなのかもしれません。コタキナバルを訪れたら、ぜひ会いたいサル、ナンバーワンです。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「観光」に関する記事

「観光」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「観光」の記事

次に読みたい「観光」の記事をもっと見る

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月27日のトラベル記事

キーワード一覧

  1. 観光 東京

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。