一度は行ってみたいカンクン、オールインクルーシブで泊まるべからず

一度は行ってみたいカンクン、オールインクルーシブで泊まるべからず


カリブに面したリゾートの王様、カンクン。誰もが一度は訪れたい憧れの場所として旅行先に選ぶ人も多いはず。この時、宿泊先として真っ先に頭に浮かぶのが、ホテルゾーンに並ぶ有名ホテル群のオールインクルーシブではないでしょうか。一見お得にも思えるこの制度、実はカンクンを楽しむ上でとっても損?!

そもそもオールインクルーシブって?
一度は行ってみたいカンクン、オールインクルーシブで泊まるべからず


オールインクルーシブとは、ホテルの宿泊費、ホテル内のレストラン、食べ物、飲み物、プールなどで飲めるアルコール、その他のエステやマッサージなど全てが使い放題、食べ放題、飲み放題のとっても魅力的なシステムのこと。オンラインでオールインクルーシブパックと検索すると、フライトチケットも込みというパッケージもある、一見お得な制度ですが・・・。

オールインクルーシブにだまされないで!
一度は行ってみたいカンクン、オールインクルーシブで泊まるべからず


もちろん、ホテルの目の前に広がるカリブの海を、ホテルのインフィニティープールから眺めるのも楽しみ方のひとつ。だけど、本当のカンクンの面白さはホテルゾーンにはありません。

まず絶対に外せないスポットのひとつ、セノーテでのシュノーケリング。その中でも最大級の大きさと透明度を誇るグランセノーテへ行くには、ダウンタウンからバスで約2時間半、トゥルムという街まで行き、そこからタクシーで10分ほど。もちろんツアーもありますが、個人で行くのとでは1万円以上もの差があることと、グランセノーテは、早朝の誰もまだ潜っていない時間帯がベスト。ツアーで行く時間では人が多く、水中の透明度がぐっと下がってしまうのです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年1月20日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ホテル」のニュース

次に読みたい関連記事「ホテル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ハワイ」のニュース

次に読みたい関連記事「ハワイ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「リゾート」のニュース

次に読みたい関連記事「リゾート」のニュースをもっと見る

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。