せっかくのお土産が没収!?税関検査場の植物検疫、海外土産の意外な落とし穴

せっかくのお土産が没収!?税関検査場の植物検疫、海外土産の意外な落とし穴


外旅行から帰ってきて入国審査を済ませると、「植物検疫カウンター」が目につきます。何か申請しなければいけないのかな?でも引っかかったら大変そう・・・。そんなモヤモヤを抱えたまま通り過ぎたことがある人も多いのでは?今回は、植物検疫にどんな意味があるのか、意外なNG土産にスポットを当ててみました。

植物検疫って何?
せっかくのお土産が没収!?税関検査場の植物検疫、海外土産の意外な落とし穴


植物には虫がつきものです。海外の各地域で蔓延している病害虫を、植物と一緒に日本に持ち込まないために規制が設けられています。

日本から海外への持ち出しについても、相手の国ごとに規制があります。このようにして、病害虫が世界中に広がらないように努めているのですね。今回は、日本への持ち込みに限ってお伝えしていきます。

ところで、植物とは何を指すのでしょうか。果実、野菜、穀物といった食べ物はまず対象になります。さらに、苗木、切花、種子といった、生きているものもですし、ドライフラワーなど加工されたもの(製茶は対象外)も対象となります。ちなみに、植物ではないですが、土は完全にNGです。土も、土が付いた植物もダメなんですね。

輸入禁止品の持ち込みで2014年から2016年の間もっとも多かったのは、「熱帯果類」でした。チチュウカイミバエやミカンコミバエといった病害虫が発生しているエリアは要注意で、例えば、タイのマンゴー、ライチ、柑橘類は持ち込み不可です。


植物検疫の種類は?
せっかくのお土産が没収!?税関検査場の植物検疫、海外土産の意外な落とし穴


いやおうなしに持ち込みが禁止されている植物もあれば、植物検疫カウンターでの検査が必要なもの、さらに現地の検査証明書が必要なものもあります。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年1月20日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「お土産」のニュース

次に読みたい関連記事「お土産」のニュースをもっと見る

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。