【現地ルポ】グリニッジ天文台で子午線をまたぐ

【現地ルポ】グリニッジ天文台で子午線をまたぐ


グリニッジ天文台とは、17世紀に開設された王立の天文台です。現在は観測をしていないのですが、貴重な史跡といった位置づけになります。ロンドン郊外にあり、世界から観光客が集まる一大観光スポットです。

子午線をまたぐ

【現地ルポ】グリニッジ天文台で子午線をまたぐ


ゲートの前の24時間時計の美しいデザインをみて、ちょっと特殊な空間に来ていることを実感。

そのむこうに、子午線があるようです。入場料は£15(約2145円/2019年2月18日現在)。オンライン予約をすると£13.5になります。入場する前から、展示などいろいろあっても、その線をまたぐ一瞬にだけ価値がありそうだという予感がします。

【現地ルポ】グリニッジ天文台で子午線をまたぐ


そしていよいよ、子午線をまたぎます。左足が西、右足が東。あっけなく終了です。思ったよりも感慨がこみあげてきませんでした。なんとなく、東京の経度が記されたスポットに立ってみます。

【現地ルポ】グリニッジ天文台で子午線をまたぐ


現在、本当の子午線は東へ100mほどずれたところだと思うとなおさら虚しさを感じるのですが、史跡だと思うことがきっと大切なんですね。

【現地ルポ】グリニッジ天文台で子午線をまたぐ


ちなみに、この赤い球は13時ちょっと前に上に上がり、13時ちょうどに落ちて時を知らせるそうです。

建物内の見学

【現地ルポ】グリニッジ天文台で子午線をまたぐ


子午線を既にまたいでしまったので、あとは消化試合的な気分で建物内の見学になります。そのなかでポイントを探すとなると、天体観測室「オクタゴン・ルーム」でしょうか。八角形の部屋があって、セントポール大聖堂やケンブリッジのトリニティ・カレッジの図書館の設計などでも活躍したクリストファー・レンが設計しています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年3月18日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。