【現地ルポ】カオス!ロンドン最小の国立「サー・ジョン・ソーンズ美術館」

【現地ルポ】カオス!ロンドン最小の国立「サー・ジョン・ソーンズ美術館」


美術館というと、広い部屋でゆったりと展示されていて・・・。そんなイメージを覆す、小さな美術館がロンドンにあります。もともと個人の邸宅だったところに所狭しと展示物が並んでいるので、入場制限がかかることも。日本ではマイナーながら、年間10万人以上が訪れるという入場無料の美術館です。

サー・ジョン・ソーンズ美術館とは?

【現地ルポ】カオス!ロンドン最小の国立「サー・ジョン・ソーンズ美術館」


ロンドン中心部のホルボーン駅からほど近いところにあります。

美術館の名前になっている、ジョン・ソーン卿は、イングランド銀行やダリッジ美術館などの設計などを手掛けた建築家。新古典主義で、その頃主流だったバロックやロココなどの装飾的なものではなく、古代ギリシャ・ローマの古典様式に美を見出した人です。

彼は、自宅兼建築事務所兼コレクションの置き場として次々と隣の物件も購入し、3軒分の中を自由に改築しました。ジョン・ソーン卿が亡くなって180年以上経ちますが、彼の希望通り、内部も当時のままの姿を今に伝えています。

展示してあるものは?

【現地ルポ】カオス!ロンドン最小の国立「サー・ジョン・ソーンズ美術館」


ジョン・ソーン卿は、古代美術品、家具、彫刻、建築模型、ドローイング、そしてホガース、ターナー、カナレット作品を含む絵画の数々を収集しました。

【現地ルポ】カオス!ロンドン最小の国立「サー・ジョン・ソーンズ美術館」


石膏や大理石、ブロンズなど様々な材質のものが辺り一面に並んでいます。コレクションを分類せず、創造的でさまざまな要素を含んだ方法で飾ることにしたというその独特なセンスに驚かされます。

【現地ルポ】カオス!ロンドン最小の国立「サー・ジョン・ソーンズ美術館」



あらゆる時代の、あらゆる大陸から集めた一流の品々。しかし、あまりに物が溢れているので、一流感をあまり感じないというのが正直なところです。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年4月6日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。