大自然の宝庫カナディアン・ロッキーで出会えるかもしれない野生動物8選

大自然の宝庫カナディアン・ロッキーで出会えるかもしれない野生動物8選

(c)minacono

カナディアン・ロッキーにある野生動物専用の橋
大自然の宝庫カナディアン・ロッキーで出会えるかもしれない野生動物8選


カナディアン・ロッキーを車で走っていると、ハイウェイをまたぐ橋を目にする事があります。これは野生動物専用に設置された橋。ハイウェイの下をくぐる野生動物専用のトンネルもあります。野生動物がハイウェイをそのまま渡って自動車と衝突するなどの事故を減らせるよう考えられている取組みのひとつです。

ビックホーンシープ

大自然の宝庫カナディアン・ロッキーで出会えるかもしれない野生動物8選

(c)minacono

別名オオツノヒツジとよばれ、北米を中心に山間部に生息しています。オスはぐるりと巻いた大きなツノを持ち、メスにも小さなツノがあります。カナディアン・ロッキー観光中に、比較的遭遇率の高い野生動物です。羊なので群れで行動していることが多く、車道の方まで出てきている場合もあります。

シマリス

大自然の宝庫カナディアン・ロッキーで出会えるかもしれない野生動物8選

(c)kazpoco

湖のほとりや町の中でもよく見かけるシマリス。人慣れしてしまっているリスもいるので、食べ物目当てに近寄ってくるときもあるので、食べ物を持っている場合は注意してください。

ナキウサギ

大自然の宝庫カナディアン・ロッキーで出会えるかもしれない野生動物8選

(c)kazpoco

カナディアン・ロッキーをハイキングしていると、「チーッ、チーッ」っと可愛らしい鳴き声が聞こえてくる時があります。その声の主はナキウサギ。警戒心が強くあまり姿を現してくれませんが、よく目を凝らすと地面にそっと隠れていることも。

エルク

大自然の宝庫カナディアン・ロッキーで出会えるかもしれない野生動物8選

(c)minacono

ちょっとややこしいのですが、エルクというとヨーロッパではヘラジカ(ムース)を差しますが、北米ではアメリカアカシカのことを一般的に「Elk(エルク)」と呼びます。ムースよりは体格が大きくないものの、乗用車よりはるかに大きいものもいるので、もし見つけたら十分に距離を取ることが必要です。木陰で休んでいたり、川岸にのんびり寝そべったりしています。冬はオスも角がとれていますが(写真右端)、夏場は大きな角が目印になります。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月18日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。