今こそ改めて紹介したい、ニュージーランド クライストチャーチ。街も人の心も美しく

今こそ改めて紹介したい、ニュージーランド クライストチャーチ。街も人の心も美しく

(C) Klanarong Chitmung / Shutterstock.com

2019年3月15日、クライストチャーチでモスクを狙ったテロが起きました。俄には信じられませんでした。でも現地の友人の「犯人は世界で最も人種差別のない、平和で美しい都市でテロを起こそうとしたらしい」という話を聞いて納得しました。

街も人の心も美しく保つクライストチャーチの魅力を、改めてご紹介したいと思います。

ガーデンシティ 花と緑が美しい街
クライストチャーチはガーデンシティと呼ばれます。街の中を流れるエイボン川。川幅が広いところではパンティングやエイトの練習が見られ、狭いところではその美しい流れを活かし、色とりどりの花や木が植えられた庭や公園が点在します。

今こそ改めて紹介したい、ニュージーランド クライストチャーチ。街も人の心も美しく


エイボン川に面していなくても、クライストチャーチでは庭の手入れに余念がありません。第2のリビングルームとして使われることが多いのです。芝を植え、木々や花に囲まれ、ダイニングテーブルや椅子が並べられます。お茶をしたり、バーベキューをしたりワイン片手に読書をしたりします。

いつも庭を美しく保つには努力が必要です。雑草を取り、伸びた芝を刈り、季節の花に植え替えます。個人の庭では、週末になると朝から夕方まで手入れをしている姿をよく見かけます。週末のほとんどの時間を取られてしまうのではないかと、はじめは不思議な光景でした。もちろん大きな公園では庭師「ガーデナー」がいつも働いています。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年5月5日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。