NY最大規模のフードホール、ブルックリン「デカルブマーケットホール」現地ルポ

NY最大規模のフードホール、ブルックリン「デカルブマーケットホール」現地ルポ


レストラン激戦区のニューヨークで近年人気を集めているのは、フードホールと呼ばれる一つの場所にさまざまなレストランが集まったスタイルの食事処。土地開発が盛んなブルックリンには2017年にオープンしたNYでも最大規模のフードホール「デカルブマーケットホール (Dekalb Market Hall)」があります。


アメリカで近年話題のフードホールとは?
いくつかのお店と共有イートインスペースからなるフードコートはアメリカにも数多く存在しますが、フードホールはフードコートと何が違うのでしょうか?

一般的にショッピングモールなどに入っているフードコートのお店は全国チェーン店である場合が多く、そのラインナップもピザハンバーガー、チャイニーズなどいわゆるお決まりのものがほとんどです。一方フードホールは地元のお店の支店だったり、そこに初めて出店するお店だったりとオリジナリティが溢れているのが特徴。訪れる人が初めて見る、食べるような新体験を提供してくれるのがフードホールの魅力です。


ブルックリンで人気のデカルブマーケットホール
NY最大規模のフードホール、ブルックリン「デカルブマーケットホール」現地ルポ

(C) Yoko Nixon

ブルックリンに2017年にオープンしたデカルブマーケットホール(Dekalb Market Hall)は、40を超える店舗が出店しその内容もメインディッシュから軽食、デザートに至るまで幅広い選択肢があります。配管がむき出しの天井にお店のネオンが光り、見た目からもちょっとした異空間が楽しめます。どのお店も$10前後で楽しめるので、レストランに入って食べる食事より手頃な値段で味わうことができ、気になるお店をはしごすることもできるのが魅力。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年4月26日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。