ありえない! フランス人は英語が苦手、でもその理由を知ると親近感が・・・!?

ありえない! フランス人は英語が苦手、でもその理由を知ると親近感が・・・!?

(c)sweetsholic

よく外国では「日本では英語が通じない」と言われるのですが、実はフランスも同じ。外国人の多いパリは別として、地方都市に行くと英語が通じないことが多くてびっくりします。さて、トップ画像のコースターはフランスで購入したものですが、スペルミスがあります。何が間違っているのでしょう?

気取っているわけではない?
ありえない! フランス人は英語が苦手、でもその理由を知ると親近感が・・・!?


日本の雑誌などで「フランス人は英語を話せるのに、(プライドが高いせいで)話さない」と言った記述を見かけることがあります。でも、筆者は4年間のフランス生活を通して、そうではない! と感じています。

単に彼らは英語が苦手。そして英語に自信がない。だから話したくないのです。4月11日付けのフランスの新聞『20 minutes』によると、半数以上のフランス人が「語学が苦手」と回答しているとレポート。また英語などの外国語を書くのは得意でも、話すのは苦手としているとも。

これって、日本人の我々と似ていると思いませんか? 

英語のスペルミス
ありえない! フランス人は英語が苦手、でもその理由を知ると親近感が・・・!?

(c) sweetsholic

日本と同じく、フランスの広告などにも英語がよく使われています。そしてこれまた同じく、表記が間違っていることも。

冒頭のコースター、みなさんは間違いが分かりましたか? 答えはストロベリー。本当は「strawberry」ですが「r」がひとつ抜けています。「Delicious Taste」(※“おいしい味”)や「Strawbery Taste」(※本来はstrawberry cupcakes または strawberry flavour)というキャッチコピーも不思議な英語ですが、そこはご愛嬌。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年4月19日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。