フランス人は病欠で有給を使わない〜フランス人の働き方、休み方【1】〜

フランス人は病欠で有給を使わない〜フランス人の働き方、休み方【1】〜


2019年4月から、働き方改革の一環で、有給休暇取得の義務化が開始されました。企業は有給を取らせる時代に入りました。日本は有給に対する意識の変わり時にあります。有給取得が義務付けされて喜んでいる人や、いきなり有給が義務化されては仕事に支障をきたすんじゃないかと考えている人、この変化に対してそれぞれ意見があるのではないでしょうか。

有給休暇の議論になれば、日本は有給未消化率がワーストクラスと、海外と日本の有給消化率が比較されます。有給消化率が高い外国では、有給を当たり前のように取っているようだけれど、有給休暇取得について、どのように考えているの?と、疑問に思う人も多いのではないでしょうか。今回は筆者が住むフランスでは、有給をどのように捉えているのかについてお話したいと思います。

有給は権利の一つ
フランス人は病欠で有給を使わない〜フランス人の働き方、休み方【1】〜


そもそも、フランス人の有給消化率はなぜ100パーセントなのでしょうか。その答えの一つが、フランス人の有給に対する考え方にあります。フランス人は、有給を権利の一つと捉えていることです。従業員だけでなく、経営者もまた同じ考え方を持っています。

フランス人が有給休暇を取るときに、仕事を休んでしまっては、上司や同僚に迷惑がかかるのではないか、印象が悪くなってしまうのではないかと考えて躊躇するということはありません。有給休暇は労働をする上で、当たり前に使うことができるものと考えているのです。

経営者や管理職の人間が、従業員や部下の権利の一つである有給を取れる職場環境を作ることも、仕事の一つと考えられています。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年5月9日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。