10月から導入!ニュージーランド観光に必要な「ETA(電子渡航認証)」と「IVL(国際観光税)」とは? 

10月から導入!ニュージーランド観光に必要な「ETA(電子渡航認証)」と「IVL(国際観光税)」とは? 



ニュージーランドのビザ免除国に該当する日本。そのため、日本人旅行者はニュージーランドへの入国には観光ビザを必要としません。しかし、2019年10月からニュージーランドへの入国に際しては、『NZeTA(電子渡航認証)』が必須に!ついでに、IVL(国際観光税)が課せられることも明らかになっています。 
 
ニュージーランド政府が発表した導入間近のこの新制度、どういったものなのでしょうか? 

ニュージーランド観光に必要な『NZeTA(電子渡航認証)』とは? 
 
『NZeTA』とは、New Zealand Electronic Travel Authorityの略称で、2019年10月以降、ニュージーランドへの入国に必要とされる電子渡航認証です。渡航者の情報を事前に把握することで国境通過にかかる時間を短縮し、国境の警備を強化するのが導入の目的だそうです。 
 

NZeTAの対象者は、
 
●日本を含むビザ免除国およびトランジットビザ免除国のパスポートを所持したニュージーランドへの訪問者(※乗り継ぎでオークランド空港を経由する場合も対象) 

●クルーズ船の乗客(※国籍問わず)
 
●オーストラリアの永住者(※オーストラリア国民は除く) 

となっており、たとえ3ヶ月以内の観光であっても、ニュージーランドへ入国する場合は同認証の取得が義務付けられます。 
 
もし、『NZeTA(電子渡航認証)』がない場合、飛行機の搭乗を断られることやニュージーランドへの入国を拒否されることが予測されますので、ご注意を! 

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年5月23日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。