マインツの旅~ドイツ三大大聖堂とシャガールのステンドグラスに会いに~

マインツの旅~ドイツ三大大聖堂とシャガールのステンドグラスに会いに~


黄金のマインツとうたわれた宗教都市

マインツの旅~ドイツ三大大聖堂とシャガールのステンドグラスに会いに~



ドイツ中西部に位置するマインツは、ラインラント=プファルツ州の州都。フランクフルトからも近く、古くから重要な交易拠点として栄えてきました。

8世紀に「ドイツ人の使徒」と呼ばれるボニファティウスが司教に就任してからは、ドイツで最も重要な宗教都市に。大きな権力をもつ司教都市として栄え、「黄金のマインツ」とうたわれました。

マインツの旅~ドイツ三大大聖堂とシャガールのステンドグラスに会いに~


活版印刷を発明したグーテンベルクの生誕地としても有名。街の中心には、グーテンベルクの像が誇らしげに立っています。

ドイツを代表する大聖堂

マインツの旅~ドイツ三大大聖堂とシャガールのステンドグラスに会いに~


マインツの代名詞ともいえるのが、「ドイツ三大大聖堂」にも数えられる大聖堂。古典的な力強さをもつ重厚な姿は、名実ともにマインツのシンボルです。

マインツの旅~ドイツ三大大聖堂とシャガールのステンドグラスに会いに~


マインツ大聖堂の建設が始まったのは、975年ごろのこと。その後、増改築を繰り返すなかで各時代の建築様式を採り入れてきたため、ロマネスク様式をベースにしながらも、ゴシック様式やバロック様式が混在する建造物となりました。

マインツの旅~ドイツ三大大聖堂とシャガールのステンドグラスに会いに~


後の時代に建てられた大聖堂に比べると、内部は簡素で「質実剛健」という形容がぴったり。高い天井と太い柱が印象的で、精巧な司教の彫像は、かつての彼らの権力の大きさを物語っています。

マルクト広場

マインツの旅~ドイツ三大大聖堂とシャガールのステンドグラスに会いに~



大聖堂の前に広がるのが、マルクト広場。「市の立つ広場」という意味で、毎週火・金・土曜日の7~14時頃には朝市が開かれ、中世の商業都市のにぎわいがよみがえります。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年6月12日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。