こうなってたんだ!?学べる体験ビルでマンションの「終活問題」を考える建物健康診断ツアー【東急コミュニティーNOTIA】

老朽化するマンションの「終活問題」
医学の発展により、我々は人生80年時代から100年時代を迎えようとしている。

そんな中、建物の寿命は一体何年が適正なのだろうか!?

2019年5月30日。NHK「クローズアップ現代」が〝都会のマンションに異変〟と題し、マンションの老朽化問題をテーマに取り上げた。いわばマンションの終活問題である。

日本国内ではマンションの平均耐用年数は30年から40年と言われているが、国土交通省によると、2017年末時点で築40年超の老朽化マンションは全国に約73万戸。2027年には184.9万戸になる見込みと示唆。

こうなってたんだ!?学べる体験ビルでマンションの「終活問題」を考える建物健康診断ツアー【東急コミュニティーNOTIA】


「建て替えか、修繕か・・・」

迫られる二つの選択肢。特に個人の意思では決められない集合住宅(マンション)は多くの問題を抱えている。

仮に〝修繕を行おう〟という決定が下されたとしても、「修繕積立金が十分ではない」というケースに直面、富裕層が暮らす都心のタワーマンションでさえ、頭を抱える管理組合が多いのだという。

こうなってたんだ!?学べる体験ビルでマンションの「終活問題」を考える建物健康診断ツアー【東急コミュニティーNOTIA】


果たして我々は、「マンションの終活」問題とどう向き合っていけばよいのだろうか?
そもそも耐久年数30年は本当か!?
と、ここまで前置きしておいてなんだが、よく聞かれるこの問題提起自体に私は疑問を感じるのだった。

そもそもマンションの「耐久年数30年~」は本当なのだろうか!?

なにしろ日本の住宅の耐久年数が30年なのに対し、イギリスでは140年、アメリカは100年、ドイツ

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年6月20日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら