世界遺産のモスクに会いに!トルコ北西部の古都エディルネを旅した旅行記

世界遺産のモスクに会いに!トルコ北西部の古都エディルネを旅した旅行記

ブルガリアとギリシャとの国境に近いトルコ北西部の町エディルネは、世界遺産のセリミエ・ジャーミィで知られる古都。一時はオスマン帝国の都として栄えた歴史から、オスマン朝時代を代表するモスクや石橋をはじめ、数々の歴史的建造物を抱えています。それでいて、外国人旅行者の少ないエディルネは、普段着のトルコが感じられる優しい古都でした。

イスタンブールから古都エディルネへ
世界遺産のモスクに会いに!トルコ北西部の古都エディルネを旅した旅行記


以前からずっと行きたいと思っていたエディルネ。筆者がトルコを訪れるのはこれが3回目ですが、過去2回のトルコ旅行では、時間が足りず、エディルネ訪問が実現できていませんでした。

ブルガリアとギリシャとの国境に近いトルコ北西部に位置するエディルネへは、イスタンブールからバスで3時間前後。イスタンブールからの日帰り旅行も可能ですが、忙しい旅にしたくなかったので、エディルネで2泊することに。

筆者が乗ったバスは所要3時間半でエディルネのオトガル(バスターミナル)に到着。そこからタクシーで市内中心部へと向かいました。

趣満点のエスキ・ジャーミィ
世界遺産のモスクに会いに!トルコ北西部の古都エディルネを旅した旅行記


エディルネに到着して真っ先に向かったのが、世界遺産の「セリミエ・ジャーミィ」ではなく、エディルネで最も古いモスク「エスキ・ジャーミィ」。「ジャーミィ」とはトルコ語で「モスク」のことです。

ジャーミィの敷地内に入ると、地元の女性が筆者の姿を見てにっこり。トルコの地方ではこのようなことがよくあります。トルコには客人をもてなす文化があるため、現地の人々は概して旅行者に優しく、モスクなどに入ると、にこにこと温かく見守ってくれることが珍しくありません。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 世界遺産 日本
  2. 世界遺産 長崎
TABIZINEの記事をもっと見る 2019年7月14日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「世界遺産 + 日本」のおすすめ記事

「世界遺産 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「世界遺産 + 長崎」のおすすめ記事

「世界遺産 + 長崎」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。