「由比ガ浜海岸」を独り占め!フィーリング効果絶大な大人の朝散歩

「由比ガ浜海岸」を独り占め!フィーリング効果絶大な大人の朝散歩

7月も中旬に突入し、すでに梅雨明けが待ち遠しくなってきましたね。夜空に輝く星、儚い花火、せわしないセミの声。そして眩しい太陽やはじける!そんな、幼かったあの頃の夏の思い出を彷彿させる「THE夏」も素敵ですが、今回は、定番をあえて避けて、まだ人の少ない静かな海へ朝散歩にでかけてみましょう。ちょっぴり大人の表情をした鎌倉を、ご案内します。

潮の香りを頼りに、まっすぐと歩く
「由比ガ浜海岸」を独り占め!フィーリング効果絶大な大人の朝散歩


鎌倉には有名な海岸がいくつもありますが、「由比ガ浜海岸」は鎌倉駅から徒歩15分ほどで到着する、観光前のお散歩にもぴったりな海岸です。鶴岡八幡宮の参道・若宮大路を、鶴岡八幡宮を背にして反対方向へまっすぐまっすぐ進むだけ。

その道中、鶴岡八幡宮の一の鳥居があったり、青々と緑ある若宮公園があったり。昔は、一の鳥居から先は砂浜だったそうです。源頼朝が見た風景はこの先は海であったのか、と歴史も感じつつ、さくさく歩く。だんだん近づいてくる海の姿が嬉しくて、思わず「わぁ海だ~」と言ってしまいます。

青色の海から桜色の浜辺を想像
「由比ガ浜海岸」を独り占め!フィーリング効果絶大な大人の朝散歩


ついに着いた海。滑川交差点の入り口には、2012年12月16日に除幕式があった「さくら貝の歌」の歌碑がありました。「さくら貝の歌」とは、鎌倉在住の八洲秀章氏が詠んだ短歌をもとに、友人の土屋花情氏が作詞し、八洲氏が曲をつけて大ヒットした曲だそうです。昔は、浜にたくさんのさくら貝が打ち上げられ浜を桜色に染めたそうで、空の青と浜のピンク色のグラデーションは想像するだけで、とても美しい景色。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年7月21日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。