【夏の名残を惜しむ京都 第1回】京町家でいただくクラフトビール|たったひとつを叶える旅<64>

【夏の名残を惜しむ京都 第1回】京町家でいただくクラフトビール|たったひとつを叶える旅<64>


旅の目的は「たったひとつ」で良い

旅の目的は「たったひとつ」が潔いと思いませんか。
あれもこれもと盛りだくさんは、大人には野暮というもの。情報が氾濫している現代だからこそ、余計なものは削ぎ落として、自分の「たったひとつ」を選び取るのが粋。旅の荷物はシンプルに、期待だけを詰めて。

私たちがまだ訪れたことのない、未知の場所や絶景。
笑顔で迎えてくれる、あたたかい地元のひと。
生産地ならではの、新鮮で美味しいもの。

珠玉のように散らばる日本各地の魅力を発信する「ONESTORY(ワンストーリー)」。「ONE=1ヵ所」を求めて日本を旅するメディアから、私たちの「たったひとつ」が見つかりそうです。

夏の名残を惜しむ 京都の旅

8月はまだ暑いけれど、風の中に小さな秋を感じませんか。
少しずつ日暮れが早くなり、日が短くなっていきます。

あんなに夏を待っていたのに、夏は駆け足で通り過ぎようとしています。
まだ、行って欲しくない。
今年の夏にやりたいことがいっぱいある。
夏が私たちを追い越し、後ろ姿を見せないうちに、夏を捕まえなければ。
夏の名残が似合う、京都の町で。

築100年の京町家のブリュワリー
【夏の名残を惜しむ京都 第1回】京町家でいただくクラフトビール|たったひとつを叶える旅<64>


築約100年の京町家をリノベーションしたブルワリー「スプリングバレーブルワリー京都」。「京都景観賞 市長賞」を受賞した趣のある店の暖簾をくぐると、34のビールタップが私たちを待っています。

明治後期~大正時代に栄えた建築様式の京町家とクラフトビールの組み合わせが、新鮮に感じます。キリンビールが母体の「スプリングバレーブルワリー京都」では、どんなビールを飲ませてくれるのか見てみましょう。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年8月7日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。