本当の海の味を知ってますか? 加計呂麻島の「さんご塩」

本当の海の味を知ってますか? 加計呂麻島の「さんご塩」


現代に残る自然の楽園。奄美大島の離島

奄美大島の南側にある離島、加計呂麻島は、手つかずの自然が残る美しい島。人口は1400人程度。集落が点々としていて、スーパーはおろかコンビニさえありません。

本当の海の味を知ってますか? 加計呂麻島の「さんご塩」


加計呂麻島の「徳浜」という小さな集落に、塩作りをしているおじいさん、愛称“塩爺”がいます。

本当の海の味を知ってますか? 加計呂麻島の「さんご塩」


塩爺の塩工場は、珊瑚礁のあるキレイなのすぐそば。

本当の海の味を知ってますか? 加計呂麻島の「さんご塩」


この透き通った海水から塩を作るのです。

余計なことはしない、ひたすらシンプルに塩を作る

本当の海の味を知ってますか? 加計呂麻島の「さんご塩」


塩作りの方法は至ってシンプル。まず、海に吸水ポンプを入れて海水をくみ上げます。

本当の海の味を知ってますか? 加計呂麻島の「さんご塩」


くみ上げた海水を、窯でひたすら煮詰めます。たったこれだけ。

本当の海の味を知ってますか? 加計呂麻島の「さんご塩」


窯の火は、大量の廃材を使って、3日3晩焚き続けます。

本当の海の味を知ってますか? 加計呂麻島の「さんご塩」


海水を煮詰めている間は、工場は湯気でいっぱいに。

本当の海の味を知ってますか? 加計呂麻島の「さんご塩」


シンプルな方法だからこそ、ちょっとした火加減が、塩の善し悪しを左右します。温度や塩分濃度を管理しながら、塩爺とその仲間が交代で火の番をします。

本当の海の味を知ってますか? 加計呂麻島の「さんご塩」


窯焚きの合間に、海を眺めて黄昏れる塩爺。

本当の海の味を知ってますか? 加計呂麻島の「さんご塩」


やどかりも一緒に黄昏れてるみたい。

海の味がそのまんま、おいしい塩の完成

本当の海の味を知ってますか? 加計呂麻島の「さんご塩」


完成した塩は、積もりたての雪のようにキラキラしています。舐めると、精製された塩とは違い、しょっぱさのなかにも甘みや苦みを感じられます。

塩爺の塩は、「さんご塩」という名前で販売されています。島人らしくのんびりと作っているので、注文してから届くまで時間がかかることもありますが、ご愛敬。

また、工場見学もできるので、加計呂麻島を訪れたときは、ぜひとも立ち寄ってみてほしい場所です。塩爺はしゃべりだすと止まらないので、面白い島の話が聞けること間違いなしです。

■さんご塩
URL:http://amami-kakeroma.com/

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2014年2月24日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。