静岡茶を使ったかき氷「茶氷」を30店舗が提案!【vol.2:MARUZEN Tea Roastery(マルゼンティーロースタリー)】

       
静岡茶を使ったかき氷「茶氷」を30店舗が提案!【vol.2:MARUZEN Tea Roastery(マルゼンティーロースタリー)】

静岡市で焙煎の温度にこだわるティージェラートカフェ、「MARUZEN Tea Roastery(マルゼンティーロースタリー)」は、茶氷プロジェクトで「お茶屋が作ったお茶のシロップ3種とかき氷」を提供しています。清水区両河内産の浅蒸しの一番茶を、焙煎温度別で9種類のお茶のシロップに仕立てます。その中から好みのものを3種チョイスするという利き茶が楽しめるシステムです。

お茶の生産量が国内で4割を占め、日本一のお茶処である静岡。そんな静岡茶の美味しさをかき氷を通して伝えていく「茶氷プロジェクト」が昨年始動し、12店舗で3か月の間に30,000杯以上が販売される盛況ぶりでした。2年目の今年は、静岡県下の5市2町+東京都内の30店舗がオリジナルの茶氷メニューを提供します。2019年9月30日まで実施中。

「MARUZEN Tea Roastery(マルゼンティーロースタリー)」の「お茶屋が作ったお茶のシロップ3種とかき氷」
静岡茶を使ったかき氷「茶氷」を30店舗が提案!【vol.2:MARUZEN Tea Roastery(マルゼンティーロースタリー)】

今回ご紹介する「MARUZEN Tea Roastery(マルゼンティーロースタリー)」は、静岡市にある製茶問屋「丸善製茶」が営業するカフェです。焙煎温度によって変化する味の違いにスポットを当てたお店で、店内にお茶の焙煎工房を持っています。

静岡茶を使ったかき氷「茶氷」を30店舗が提案!【vol.2:MARUZEN Tea Roastery(マルゼンティーロースタリー)】

日本茶を「80℃・100℃・130℃・160℃・200℃」から選ぶと、一杯一杯、その場で焙煎した茶葉でお茶を淹れてもらえるという斬新なシステム。焙煎温度が低いほどフレッシュで、高いほど香ばしいのだそうです。ティージェラートも、0℃(焙煎なし)から200℃の中から選べるなんて初めての体験ですよね。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「かき氷 + 東京」のおすすめ記事

「かき氷 + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「かき氷 + 大阪」のおすすめ記事

「かき氷 + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「クレープ」のニュース

次に読みたい関連記事「クレープ」のニュースをもっと見る

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月30日のグルメ記事

キーワード一覧

  1. かき氷 レシピ
  2. かき氷 名古屋
  3. かき氷 大阪

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。