考えた人天才!スペイン・バスク「ビルバオ」で組み合わせの妙を感じるタパス

考えた人天才!スペイン・バスク「ビルバオ」で組み合わせの妙を感じるタパス

ビルバオに行ったら、絶対訪れたいバルがあります。それは、スペイン最高峰と言われる「Joselito(ホセリート)社」のイベリコ豚の生ハム「ハモン・イベリコ」を駆使する「La Viña del Ensanche(ラ・ビーニャ・デル・エンサンチェ)」。他のバルでのタパスや朝食メニューも併せてご紹介しましょう。

※€1を121円として計算しています(2019年7月30日現在)

絶品のハモン・イベリコ&フォアグラを使ったメニュー

考えた人天才!スペイン・バスク「ビルバオ」で組み合わせの妙を感じるタパス


1927年創業の「La Viña del Ensanche(ラ・ビーニャ・デル・エンサンチェ)」。たくさんの生ハムが吊るされた店内は、木をふんだんに使い落ち着いたインテリアながら、メニューはモニター表示というハイテクな一面も。日本人には、タブレット端末の日本語メニューが用意されているところにも通じています。

考えた人天才!スペイン・バスク「ビルバオ」で組み合わせの妙を感じるタパス


訪れたのは平日の18時頃のこと。既に賑わっているなか、ギリギリ席を見つけました。甘くて濃厚な地元の白ワイン「チャコリ」(€1.95、約236円)を飲みながら待っていると、「卵、フォアグラ、キノコ、ポテトピューレのミニフライパン」(€5、約605円)が到着。

考えた人天才!スペイン・バスク「ビルバオ」で組み合わせの妙を感じるタパス


甘辛く煮付けたキノコを卵が緩和、そこにクリーミーなポテトピューレが絡みます。ところどころ、フォアグラの甘さが引き立つという一品。トロトロした食感にキノコの歯触りがアクセントに。

考えた人天才!スペイン・バスク「ビルバオ」で組み合わせの妙を感じるタパス


考えた人天才!スペイン・バスク「ビルバオ」で組み合わせの妙を感じるタパス


こちらは、マグロのお寿司みたいなルックスですが!ホセリートのハモン・イベリコ、チーズ、リンゴソース、そしてフォアグラが載ったブルスケッタ(2つで€7、約847円)。この生ハムが、塩分が控えめで、甘く柔らかいのですね。そこに甘いフォアグラ、リンゴソースが加わり、チーズのコクが合わさって、口の中は天国です。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年8月2日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら