アジア最後の桃源郷!「ラオス・ルアンパバーン」を旅する前に知っておきたい12のこと

目まぐるしい発展を遂げている東南アジア。そんな東南アジアには「アジア最後の桃源郷」と言われている街があります。ラオスの古都「ルアンパバーン」です。世界遺産の街、ルアンパバーン。しかし、ココも他の東南アジアの都市のように急速にインフラが整い、数年後には旅行者が倍増する可能性があるんです。静かなルアンパバーンを旅したいのなら、今が最後のチャンスかも!? ということで、今回はルアンパバーンを旅する前に知っておきたい12のことをご紹介します。
アジア最後の桃源郷!「ラオス・ルアンパバーン」を旅する前に知っておきたい12のこと


【1】ルアンパバーンは想像以上に「美食」の街
アジア最後の桃源郷!「ラオス・ルアンパバーン」を旅する前に知っておきたい12のこと

人気のカジュアルフレンチ店「TANGOR」

ラオスは1893年から1949年までフランスの植民地でした。そのため、ルアンパバーンの街には、いくつものフランス料理店があります。しかも、日本でフランス料理を食べるよりもお得。高級フランス料理店でも、お手頃価格でランチやディナーを楽しめます。

アジア最後の桃源郷!「ラオス・ルアンパバーン」を旅する前に知っておきたい12のこと

ラオス風うどん「カオピヤック」

また、ラオス料理のレストランは高級店からローカル店まで当たり外れが少なく、どこも美味しかったです。ハーブ(香草)が好きなら、ラオス料理の魅力にどっぷりとハマってしまうかもしれませんね。ラオス料理が苦手でも、イタリア料理店やインド料理店、パンなどの軽食が食べられるカフェもたくさんありますので、食に困ることはないでしょう。ルアンパバーンは「食」のアベレージが高い街だと感じました。

【2】オシャレで居心地が良いカフェが多い

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「アジア最後の桃源郷!「ラオス・ルアンパバーン」を旅する前に知っておきたい12のこと」の みんなの反応 1
  • 大井健輔 通報

    一番肝心な情報がない。 それはマリファナ目当てで訪れるヨーロッパ人だらけということだ。ホテルやゲストハウスにはそんな人間ばかりで溢れかえっており観光そっちのけ。

    1
この記事にコメントする

「世界遺産 + 日本」のおすすめ記事

「世界遺産 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「世界遺産 + 長崎」のおすすめ記事

「世界遺産 + 長崎」のおすすめ記事をもっと見る

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月2日のトラベル記事

キーワード一覧

  1. 世界遺産 日本
  2. 世界遺産 長崎

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。