伝説の「ハート型の袋池」って!?城×海の絶景「富岡城」を現地ルポ【熊本・天草苓北】

熊本県のお城と言えば熊本城ですが、熊本から足を伸ばした天草・西岸にもお城があります。それが富岡半島にある「富岡城」。雲仙天草国立公園の高台にあり、心地よい木々、立派な石垣を眺め辿り着くその先には、かつて天草行政の中心であった城、眼下には碧い海、情報豊富な資料館。真夏の色彩鮮やかな「富岡城」を紹介します!
伝説の「ハート型の袋池」って!?城×海の絶景「富岡城」を現地ルポ【熊本・天草苓北】

(写真:富岡ビジターセンターパンフレットより)


富岡の海×蘇る富岡城
伝説の「ハート型の袋池」って!?城×海の絶景「富岡城」を現地ルポ【熊本・天草苓北】


唐津城主・寺沢広高が関ケ原の戦いの後、1602年頃から築いた「富岡城(とみおかじょう)」は、1637年の島原・天草一揆では幕府軍の拠点として一揆勢の攻撃で落城寸前まで追い込まれました。一揆の後、海外列強に備えた基地となった後、天草は天領となり1664年に戸田忠昌が入城しますが、城の維持管理が島民の負担になっていると感じ、三の丸に藩庁を残し本丸・二の丸を廃城。明治初期まで天草行政の中心となりました。

伝説の「ハート型の袋池」って!?城×海の絶景「富岡城」を現地ルポ【熊本・天草苓北】

現在、二の丸・本丸・石垣・櫓など整備され、蘇る富岡城。

伝説の「ハート型の袋池」って!?城×海の絶景「富岡城」を現地ルポ【熊本・天草苓北】

絶景の湾の海と吹く風に飛んでく疲れ!


ハート型の袋池×伝説
伝説の「ハート型の袋池」って!?城×海の絶景「富岡城」を現地ルポ【熊本・天草苓北】

自販機と椅子のある小部屋でひと休み。そこから見えるハート型の「袋池」には伝説も・・・。

伝説の「ハート型の袋池」って!?城×海の絶景「富岡城」を現地ルポ【熊本・天草苓北】

「ある米屋の一人娘に両親が良い婿を迎えるためずるい商売でお金持ちになって、婿を迎えることになったある日、池で米を洗っていた娘が池に落ち大蛇となり底へと消えていった。両親はこれは報いだと祠を建てた。娘が水面の葉を掃いているから1年中きれい」という切ない伝説。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年9月14日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら