日本は本当に意識が低い?プラスチックの環境対策、世界と日本の対応とは

ペットボトルや買い物袋など、私たちの生活で多岐にわたり使われているプラスチック製品。便利に使える一方、プラスチック廃棄の環境への影響、特に海洋汚染の問題が重要視されています。現在の日本の対応や日本人の意識とは?他国の実情も併せて紹介します。
日本は本当に意識が低い?プラスチックの環境対策、世界と日本の対応とは


日本のプラスチック処理事情
日本は本当に意識が低い?プラスチックの環境対策、世界と日本の対応とは

日本では、自治体ごとにゴミの分別方法が決められ、資源や可燃ごみ、不燃ごみなどなど細かく決まっていますよね。内閣府大臣官房政府広報室(*1)によると、日本の廃プラスチックのリサイクル率は27.8%で、あまり進んでいないのだとか。半分以上は発電や熱利用のために燃やされ、14%が未使用のまま焼却処理または埋め立てられているそうです。

プラスチック発生量、日本は世界でも上位だった
日本は本当に意識が低い?プラスチックの環境対策、世界と日本の対応とは

国連環境計画(UNEP)が2018年に発表した「使い捨てプラスチックに関するレポート」(*2)によると、容器包装プラスチックごみの1人当たりの発生量を国別で比較すると、日本はアメリカに次いで世界で2番目に多いそう。確かに、コンビニでレジ袋に入れてもらうのが当たり前だったり、お弁当や食べ物を含むさまざまな容器にも、プラスチックが多く使われていますよね。

プラスチックごみに対する日本人の意識
日本は本当に意識が低い?プラスチックの環境対策、世界と日本の対応とは

環境に優しいプラスチック製品を製造する企業「株式会社みやこ」では、「一般消費者の環境問題に関する意識調査」(*3)を実施。その中で、環境に優しいプラスチックカップがあれば使用したいと回答したのは83%に及びました。一方で、植物に含まれるでんぷんが主原料の「PLA(ポリ乳酸)カップ」の存在については、70%が知らないと回答したそうです。環境問題について、意識して行動できていると自覚している人は全体の27%という結果に。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年9月22日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら