【全国の一度は訪れたい温泉地】ノスタルジックな風景に恋する 銀山温泉<山形県>

       
いよいよ温泉のベストシーズンがやってきました。肌寒さを感じたら、芯から身体が温まる温泉が恋しいですね。私たちの身体も心も寛がせてくれる温泉は、日本の素晴らしい財産。日本各地の数ある名湯の中で、一度は訪れたい人気温泉地があります。そこで、TABIZINEでは「全国の一度は訪れたい温泉地」を連載でお届けします。今回は、山形県の銀山温泉です。
【全国の一度は訪れたい温泉地】ノスタルジックな風景に恋する 銀山温泉<山形県>

(C)OttoPhoto / Shutterstock.com

大正時代の面影を残す湯の町
【全国の一度は訪れたい温泉地】ノスタルジックな風景に恋する 銀山温泉<山形県>

写真提供:公益社団法人 山形県観光物産協会 

山形県尾花沢市の小さな谷間にある「銀山温泉」。江戸時代日本三大銀山に数えられた「延沢銀山(のべさわぎんざん)」で働いていた鉱夫が、銀山川の中に温泉が沸いているのを発見したのが始まりとされています。

温泉街の中央に流れる銀山川の両側に、大正末期から昭和初期に建てられた木造多層の旅館が立ち並ぶさまは、なんとも風情がありますね。1986年に「銀山温泉家並保存条例」を制定し、町並みを守ってきた努力があってのことです。

ガス灯に浮かび上がるノスタルジックな風景
【全国の一度は訪れたい温泉地】ノスタルジックな風景に恋する 銀山温泉<山形県>

写真提供:公益社団法人 山形県観光物産協会 

日が暮れて、ガス灯にあかりが点ると、ノスタルジックな風景が浮かび上がります。人気の台湾の九份にも似た感じがしますね。優しいオレンジの灯りに、湯煙りが漂います。

雪のシーズンが一番人気
【全国の一度は訪れたい温泉地】ノスタルジックな風景に恋する 銀山温泉<山形県>

写真提供:公益社団法人 山形県観光物産協会 

雪国山形で、1~2月に最も混み合う場所の一つが銀山温泉。この美しい雪景色と温泉に焦がれて、訪日旅行客を含む多くの旅行客が集まります。夜になり、降りしきる雪がガス灯に照らされるさまは、またしみじみとした風情がありますよ。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「露天風呂」のニュース

次に読みたい関連記事「露天風呂」のニュースをもっと見る

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月19日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。