わざわざ食べに行きたい!豊後高田十割そば「そば処 響 (ひびき)」を実食ルポ【大分県】

大分で蕎麦?ピンと来ない人もいるかもしれませんが、豊後高田市(ぶんごたかだし)は、西日本一のそばの作付面積を誇ります。久々に訪れた大分で1発目の食事である「そば処 響 (ひびき)」のおそばが美味で、今回の旅の食はきっと大満足できると確信しました。
わざわざ食べに行きたい!豊後高田十割そば「そば処 響 (ひびき)」を実食ルポ【大分県】


おすすめ「軍鶏南せいろそば」
わざわざ食べに行きたい!豊後高田十割そば「そば処 響 (ひびき)」を実食ルポ【大分県】

「そば処 響 (ひびき)」の客席。古民家をリノベーションした店内は、明るくこざっぱりしています。

わざわざ食べに行きたい!豊後高田十割そば「そば処 響 (ひびき)」を実食ルポ【大分県】

今回は和洋折衷の個室でおそばをいただきました。

わざわざ食べに行きたい!豊後高田十割そば「そば処 響 (ひびき)」を実食ルポ【大分県】

十割そばの「ざるそば 880円・税込」や二八そばの「かけそば 880円・税込」といったシンプルなメニューも気になりましたが、カラー写真がどん!と載っていたため、お店のオススメと認識した「軍鶏南せいろそば 1380円・税込」をオーダー。

わざわざ食べに行きたい!豊後高田十割そば「そば処 響 (ひびき)」を実食ルポ【大分県】

十割そばですが、あっさりと上品。めんつゆにつけずにそのままでも、柚子胡椒だけ載せて食べてもおいしい。麺は細目で、そば臭くなくてフレッシュな香りで、これならそばが苦手な人もするすると食べられると思います。

わざわざ食べに行きたい!豊後高田十割そば「そば処 響 (ひびき)」を実食ルポ【大分県】

そばつゆに浮かぶ香ばしく焦げ目を付けたネギと軍鶏肉たまりません。そばつゆは、甘みがしっかりありつつ、塩気や出汁とのバランスが絶妙。大分は瀬戸内海に面していて、昔から四国と行き来のあったエリアだそうですが、そばつゆのしっかりした味の濃さは神奈川県民の味覚にもぴったりきます。そば湯を入れて、おつゆをすべて飲み干してしまったことを白状すれば、その美味しさが伝わるでしょうか。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「そば + レシピ」のおすすめ記事

「そば + レシピ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「天ぷら」のニュース

次に読みたい関連記事「天ぷら」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「うどん」のニュース

次に読みたい関連記事「うどん」のニュースをもっと見る

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月2日のグルメ記事

キーワード一覧

  1. そば レシピ

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。