黒と白、どっちにする!?九州のソウルフード「蜂楽饅頭」は冷めても美味しい【熊本県】

手土産に、小腹がすいたら、「黒と白、どっち派?」そんな会話が聞こえてくるのが、「蜂楽饅頭(ほうらくまんじゅう)」です。今川焼き・大判焼きなど地方によって呼び名が違いますが、九州では「蜂楽饅頭」と呼ばれるソウルフードです。「みんな大好き蜂楽饅頭」と書かれた緑の旗が目印の熊本のお店に立ち寄ったので、筆者も大好き昔ながらの味を紹介します!
黒と白、どっちにする!?九州のソウルフード「蜂楽饅頭」は冷めても美味しい【熊本県】


徹底管理の昔から変わらぬ味
昭和28年、熊本県水俣市にて、当時、養蜂業を営んでいた先々代の社長さんが蜂蜜を使った「蜂楽饅頭」を考案したのが始まりとのことです。

黒と白、どっちにする!?九州のソウルフード「蜂楽饅頭」は冷めても美味しい【熊本県】

九州は福岡、宮崎、鹿児島、熊本に店舗があります。熊本県内には、熊本県南部の水俣店、水光社店、市内の熊本上通店、熊本鶴屋店、天草の本渡店の5店舗があります。

厳選素材を使った、心をこめた手作りで本当に美味しいです。

美味しい理由は「国産厳選豆・国産純粋蜂蜜」
蜂楽饅頭のお味は「黒餡」と「白餡」の2種類(各100円・税込)のみ。ずっと変わらない値段で提供しています。

黒と白、どっちにする!?九州のソウルフード「蜂楽饅頭」は冷めても美味しい【熊本県】

どちらも北海道十勝地方の大地で育まれた「小豆(黒餡)と大手亡豆(白餡)」を使用。コンピューターによる品質の徹底管理と、手作業による選別で、蜂楽饅頭専用の豆を厳選しているそうです。

栄養があり、品質の安定した豆は餡子の状態になるまで時間と手間をかけてじっくり炊き上げ、砂糖を入れ練り上げ、保存料は一切使わず、昔ながらの手作りを続けています。

さらに、その名の通り、戦前の養蜂業で培った技術をもって、高品質の「国産純粋蜂蜜」を使っているそうです。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ソウルフード + 映画」のおすすめ記事

「ソウルフード + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「ソウルフード + 名古屋」のおすすめ記事

「ソウルフード + 名古屋」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「B級グルメ」のニュース

次に読みたい関連記事「B級グルメ」のニュースをもっと見る

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月28日のグルメ記事

キーワード一覧

  1. ソウルフード 名古屋
  2. ソウルフード 映画

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。