【京都】大人のお花見散歩に。哲学者が思索にふけった美しい小道

【京都】大人のお花見散歩に。哲学者が思索にふけった美しい小道
       

哲学者が思索にふけった美しい小道
桜の季節になりました。京都は名だたる花見スポットがたくさん。数ある名所の中のひとつで、歩きながら花見を楽しめるルートをご紹介します。

【京都】大人のお花見散歩に。哲学者が思索にふけった美しい小道


京都盆地の北東にある銀閣寺付近から、南禅寺に向かうせせらぎ沿いの遊歩道。哲学者の西田幾太郎が思索にふけりながら歩いたこの道は、通称「哲学の道」と呼ばれています。

哲学の道の全長は約2kmで、には桜並木が見事です。そして散り際の花筏も実に風流。街中にありながら、初夏にはホタルも観察できます。道沿いには雑貨のお店やカフェなどもあり、寄り道するのも楽しみのひとつです。
お寺の境内に、レンガの建築
哲学の道の南端には、南禅寺があります。臨済宗南禅寺派の大本山で、1291年に開創されました。重厚な三門は迫力たっぷり。しかし、この南禅寺の面白いところは、なんといっても境内にレンガ造りの水道橋が走っているところでしょう。

【京都】大人のお花見散歩に。哲学者が思索にふけった美しい小道


明治時代に造られた水道橋は不思議なことに、お寺の純日本建築と美しく調和しています。
ちなみに、水道橋の上には登ることも可能です。

【京都】大人のお花見散歩に。哲学者が思索にふけった美しい小道

(C)Flickr/Norio NAKAYAMA

水道橋には今なお水が流れており、流れはなかなか速いです。

実は哲学の道沿いのせせらぎも、この水道橋の上を流れる水も同じ、「琵琶湖疏水」と呼ばれる用水路。琵琶湖の水が京都市内にまで引かれており、京都市民の水道水や防火用水として使われるほか、発電や舟運、防火用水など、さまざまな用途で使われています。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月23日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。