懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり

松本城に抱かれた城下町に、アルプスからの湧水があふれる長野県・松本。そんな松本にある明治20年創業の「松本ホテル花月」。飴色に艶光する松本民芸に彩られたホテルは、時間がゆっくりと流れているような、レトロで洗練されたぬくもりに包まれています。
懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり

松本民芸家具の優しいぬくもりに包まれる洗練空間
懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり


ステンドグラスや木枠の窓、洗い出しの床・・・ロビーに足を踏み入れると、時を刻んだ飴色に輝く松本民芸家具に包まれる「松本ホテル花月」。外界と時の流れが異なっているような、ゆったりとした空間でウェルカムドリンクをいただきながらテーブルチェックイン。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり


懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり


重厚さはあるのですが、松本民芸の木の優しいぬくもりからでしょうか、気負うことがない心地よさが素敵です。それにしても、飴色に艶光りする松本民芸の家具が美しいこと。しっとりと艶があり、どっしりとしていて存在感もたっぷり。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり


懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり


明治20(1887)年の創業間もないころから使い続けられているものもあるのだとか。大切に使えば100年以上持つといわれる松本民芸の家具は、スタッフが毎日手入れをして、愛情を注ぎ込み、時を重ねながら大切に使われているのです。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり


懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり


客室に行くことを忘れてしまいそうなほど、ゆっくりとした時の流れが心地よいロビーラウンジ。その一角には、130年を超えるホテルの歴史を物語る写真が。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり


明治後期の写真だそうですが、この三角屋根のエントランス、現在も4本の円柱とともにホテルのファサードを彩っています。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ホテル + ニューオータニ」のおすすめ記事

「ホテル + ニューオータニ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「リゾート」のニュース

次に読みたい関連記事「リゾート」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ホテル」のニュース

次に読みたい関連記事「ホテル」のニュースをもっと見る

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月6日のトラベル記事

キーワード一覧

  1. ホテル ニューオータニ

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。