6つの源泉、14種類のお風呂を楽しめる!江戸時代創業の宿「古久屋」【渋温泉】

       
長野県・渋温泉といえば9つの外湯めぐりで知られますが、その外湯をめぐらずとも、館内で湯めぐりを楽しめてしまう宿が「古久屋」。なんと6種類の源泉を14種類のお風呂で堪能できるというから驚き!どんな源泉かけ流しの温泉があるのか期待が高まります。
6つの源泉、14種類のお風呂を楽しめる!江戸時代創業の宿「古久屋」【渋温泉】

エッ!駅にトゥクトゥクが迎えに来た!
6つの源泉、14種類のお風呂を楽しめる!江戸時代創業の宿「古久屋」【渋温泉】


渋温泉の最寄りとなるのは「湯田中駅」。そこに現れたのは、なんとトゥクトゥク!江戸時代創業の老舗宿と聞いていたので、期待を裏切るなんともハイカラな演出。そんな送迎を考案したのは16代目の小根澤さん。現在は会長で、経営は17代目の息子さんに任せているとのことですが、当時全国的にも珍しい露天風呂付き客室をつくった凄腕当主なのです。

6つの源泉、14種類のお風呂を楽しめる!江戸時代創業の宿「古久屋」【渋温泉】


石畳が続く渋温泉のメインストリートに面した宿は、しっぽりと落ち着いた趣。宿の前では源泉を利用した温泉玉子がお出迎え。

6つの源泉、14種類のお風呂を楽しめる!江戸時代創業の宿「古久屋」【渋温泉】


往時使われていた歴史ある看板も残っており、白木の木肌美しいロビーに迎えられます。この「古久屋」という宿名は、初代が営んでいた米問屋「穀屋」にちなんでいるんだとか。江戸時代から脈々と受け継がれ、400年あまりも続く渋温泉きっての老舗です。

6つの源泉、14種類のお風呂を楽しめる!江戸時代創業の宿「古久屋」【渋温泉】


プライベート感を大切にした、わずか19室という客室のほぼ半分にあたる10室が露天風呂付きという贅沢さ。大浴場などはもちろんのこと、客室のお風呂も含めすべてが源泉かけ流しの天然温泉
誰にも邪魔されない趣向を凝らした客室露天風呂
6つの源泉、14種類のお風呂を楽しめる!江戸時代創業の宿「古久屋」【渋温泉】


案内された客室は「嵯峨野の間」。踏み込みを兼ねた広い副室の先には10畳間が広がり、一面の障子からはやわらかな陽光が注ぎます。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「露天風呂」のニュース

次に読みたい関連記事「露天風呂」のニュースをもっと見る

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月7日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。