食べるとキレイになれる深海魚「げんげ」が大人気らしい

“天然のいけす”と呼ばれる富山湾。寒ブリやホタルイカ、シロエビなどさまざまな魚介類を楽しませてくれるでもありますが、その富山湾で捕れる雑魚中の雑魚、下の下とも呼ばれ一昔前までは捨てられていた深海魚が、現在はすご~く人気だとご存知ですか?

食べるとキレイになれる深海魚「げんげ」が大人気らしい


特に女子にはうれしい効果がいっぱいの魚。そこで今回は富山県の観光情報などを参考に、週末の女子旅におすすめのグルメ、富山湾でとれる深海魚げんげの魅力をまとめます。
富山湾の幻の魚、げんげ
食べるとキレイになれる深海魚「げんげ」が大人気らしい


西の能登半島と東の生地鼻灯台に囲まれた、きれいな弧を描く富山湾には、日本海側に存在する800種ほどの魚のうち、なんと約500種が生息するとされています。そのうちの1つ、以前までは捨てられていた深海魚げんげが大変な人気を博しています。

げんげとは体長20cmほどのぬるぬるとした深海魚で、人間界の基準ではお世辞にも「かわいい」とか「かっこいい」とか、温かい声援を投げ掛けられるような魚ではありません。

富山県のホームページでは好意的に“大きなおたまじゃくし”と表現されていますが、筆者の印象では何かの手違いで工業用排水プールにすべり落ちた死後3日目の魚といった感じです。

ちょっと曲がっている胴体も薄気味悪いのですよね。ただ、体の表面を分厚く覆う、ドロドロしたゼラチン質にコラーゲンが含まれているとして、近年は重宝されているのです。

富山県のサイトでも、記事ランキングのトップがげんげについてのコンテンツでした。それだけ注目されているのですね。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2016年1月9日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。