東京・新宿から約30分で到着する、光が丘のまちのお庭「四季の⾹(かおり) ローズガーデン」。前回秋バラを散歩しましたが、長い冬を越え、豊かな色彩と香りを放つ“春バラ”が見頃を迎えています。見頃は5月下旬~6月上旬で、2022年5月29日(日)まで「スプリングフェスティバル」も開催中。今すぐおでかけしてほしい春のローズガーデンをレポートします!



5月29日まで開催「スプリングフェスティバル」


2021年に約10倍の広さにリニューアルした「四季の香 ローズガーデン」。香りでバラを楽しむ「香りのローズガーデン」、色ごとに花が咲く「⾊彩のローズガーデン」、爽やかな「⾹りのハーブガーデン」という3つのエリアからなり、約320品種460株のバラと、さまざまな花や植物が季節ごとに楽しめる庭が広がっています。

例年は5月中旬~下旬が見頃の“春バラ”。気候により前後する場合もありますが、筆者が訪問した5月中旬は咲き始めや蕾もまだあり、6月上旬頃まで楽しめそうです!


2022年4月29日(金)~5月29日(日)には、リニューアルオープン後初の「スプリングフェスティバル」が開催されています。無料で参加できるイベントやマルシェ・カフェも登場して、お散歩とおやつタイムで癒しの時間を過ごせます。


香りでバラを楽しむ「香りのローズガーデン」


春バラを楽しむメインの「香りのローズガーデン」は、中央の芝生広場を囲うように6種の香りごとの庭が造られています。顔を近づけて豊かな香りをお楽しみください。