千夜一夜物語の世界へ迷い込む、スペインのアルハンブラ宮殿

千夜一夜物語の世界へ迷い込む、スペインのアルハンブラ宮殿
       


千夜一夜のようなアラビア情緒漂うアルハンブラ宮殿。スペインのグラナダにあるこの城は、イスラム建築の最高傑作ともいわれ、まさに一夜の夢のような、繊細で緻密な美しさにあふれています。

千夜一夜物語の世界へ迷い込む、スペインのアルハンブラ宮殿


随所にイスラムの粋な装飾が光る王宮

千夜一夜物語の世界へ迷い込む、スペインのアルハンブラ宮殿


アルハンブラ宮殿には多くの見どころがありますが、そのメインともいえるのが王宮、パラシオス・ナサリエスです。

千夜一夜物語の世界へ迷い込む、スペインのアルハンブラ宮殿


千夜一夜物語の世界へ迷い込む、スペインのアルハンブラ宮殿

©Karol Kozlowski / Shutterstock.com

細かなアラベスク模様でおおわれた壁や柱。そこに費やされた時間や手間を思うと、気が遠くなりそうですが、彼らの技術の高さや王の偉大な力を今日に伝えています。

千夜一夜物語の世界へ迷い込む、スペインのアルハンブラ宮殿


コマレスの塔には宮殿で最も大きい広間があり、宇宙をイメージした目を見はる装飾天井が広がっています。幾何学模様に彫られたヒマラヤ杉は7つの惑星がモチーフになっているそう。人の手で作られたとは信じ難いほどの緻密さです。

千夜一夜物語の世界へ迷い込む、スペインのアルハンブラ宮殿

©Karol Kozlowski / Shutterstock.com

ライオンたちに支えられた噴水にささやかな涼を感じる「ライオンの中庭」。周りをとり囲む建物の2階は王の后たちが住むハーレムになっています。

千夜一夜物語の世界へ迷い込む、スペインのアルハンブラ宮殿

©Bill Perry / Shutterstock.com

中庭の南側にあるアベンセラヘスの間は王の寝室。天井にはこれまた華麗な、鍾乳石を模した「モカラべ」と呼ばれる装飾がなされています。

千夜一夜物語の世界へ迷い込む、スペインのアルハンブラ宮殿


千夜一夜物語の世界へ迷い込む、スペインのアルハンブラ宮殿


アベンセラッヘスの間の向かいにある二姉妹の間。こちらの天井も見事の一言に尽きます。毎晩こんな天井を眺めながら眠りにつくというのは、一体どんな気分なのでしょうか・・・。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年8月24日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。