帰省の手土産にオススメ!砕いて食べる巨大なクッキー「ブロワイエ」が面白い

帰省の手土産にオススメ!砕いて食べる巨大なクッキー「ブロワイエ」が面白い
       

©Facebook/GOULIBEUR

「ブロワイエ・デュ・ポワトゥー」はフランスの郷土菓子。ポワトゥー・シャラント地方で作られる、バターたっぷりのリッチで巨大なクッキーです。

人が集まるときには欠かせないお菓子

帰省の手土産にオススメ!砕いて食べる巨大なクッキー「ブロワイエ」が面白い

©Facebook/GOULIBEUR

帰省の手土産にオススメ!砕いて食べる巨大なクッキー「ブロワイエ」が面白い

©Facebook/ULIBEUR

ブロワイエとは「砕く」という意味。げんこつや木槌で真ん中から砕き、みんなで囲んでわけあっていただきます。現地では家族団らんやパーティーにかかせないもの。地域や家庭により、ナッツをまぶしたり、リキュールで香りづけしたり、アンジェリック(ハーブの1種)の砂糖漬けを練りこんだり、それぞれの特色が出ます。

帰省の手土産にオススメ!砕いて食べる巨大なクッキー「ブロワイエ」が面白い

©GOULIBEUR

老舗店「ゴリブール」のブロワイエ(直径24cm/12.5ユーロ)。まるでピザのようですね。そしてブロワイエのおいしさの決め手となるのが、地元産のAOC発酵バター。日本でも有名な高級バター「エシレ」の故郷、エシレ村もこの地方にあるんですよ。

パーティーや帰省シーズンに!

帰省の手土産にオススメ!砕いて食べる巨大なクッキー「ブロワイエ」が面白い

©Aya yamaguchi

丸の内ブリックスクエア内の「エシレ・メゾン デュ ブール」でもエシレバターを使ったブロワイエが手に入ります。

帰省の手土産にオススメ!砕いて食べる巨大なクッキー「ブロワイエ」が面白い

©Aya yamaguchi

「ブロワイエ・デュ・ポワトゥー(800円)」。直径15cmとブロワイエの中では少し小ぶりではありますが、初めて見る人はその大きさにびっくりすると思います。ざくっとした触感とバターの香りがこうばしく、さすがエシレという感じ。

年末の集まりごとや帰省のとき、そのいわれとともにみんなで楽しむには、ぴったりの手土産ですね。

■エシレ・メゾン デュ ブール
住所:東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア1F
電話:03-6269-9840
営業時間:10:00~20:00(無休)

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年12月27日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。