秋田女児殺人事件 娘を母親に殺害された父親が行政を訴えた理由 「助けられたのではないか…」

秋田女児殺人事件 娘を母親に殺害された父親が行政を訴えた理由 「助けられたのではないか…」
愛実ちゃんが小学校に入学したとき

2016年6月秋田市で9歳の女の子、千葉愛実ちゃんが母親の祐子(43)によって首を絞められて殺害された。

児童養護施設から母親の住むアパートに一時帰宅していたときのことだ。2泊後の夕方、愛実ちゃんが施設に戻るはずだった。しかし確認が遅れ、警察ががアパートに踏み込んだとき、祐子は意識不明、愛実ちゃんはすでに息絶えていた。2018年3月に最高裁で祐子は、殺人の罪で懲役四年の判決が確定。現在、服役中である。

この事件に関して父親である阿部康祐さん(46)は、6月7日、秋田県や秋田市を相手取り、損害賠償を求め、秋田地裁に提訴した。

母親が娘を巻き添えにして心中しようとしたことで、なぜ父親が行政側を提訴したのか。養育能力に欠ける母親に代わってなぜ父親が子供を引き取らなかったのか。母親に養育能力がなければ子供を引き渡さないのではないか。

この事件を取材し、今も阿部さんと連絡を取り合っている筆者、西牟田靖が、事件の概要や提訴の意味について、記してみたい。

※児童養護施設暮らしの9歳女児が…「秋田・長女絞殺事件」の深層(ルポ前編)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56148
※「救えた命だったのでは…」秋田9歳長女絞殺事件娘・父の悔悟(ルポ後編)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56149


あわせて読みたい

気になるキーワード

TABLOの記事をもっと見る 2019年6月10日の社会記事
「秋田女児殺人事件 娘を母親に殺害された父親が行政を訴えた理由 「助けられたのではないか…」」の みんなの反応 22
  • 匿名さん 通報

    裁判官も、家庭裁判所調査官も、高給のお役人としての厚待遇を守りたいのはわかりますが、矜持をもって仕事をして欲しい。前例・判例一辺倒ではなく、個別のケースの事実を見つめて、子供たちを守って欲しい。

    49
  • 匿名さん 通報

    他の記事で「何故、自分で子どもを引き取らなかった」と父親を批判するコメントをしてる人が多くいますが、この事件の本質を見てください。 行政、司法が父親の幾多の訴えも切り捨てているのです。

    40
  • 匿名さん 通報

    まだまだ日本の司法判断や行政対応が世間に知られていないので、こう言った記事から少しでも多くの方が気付くことを切に願います。司法、行政にはシッカリと訴えを受け止めて頂きたいです。 ご冥福をお祈りします。

    34
  • 匿名さん 通報

    この夫婦の調停に関わった家庭裁判所の裁判官・調査官・調停委員について、実名報道してほしい。そうすれば、家庭裁判所も、今後、注意深く判断するようになるだろう。

    30
  • 匿名さん 通報

    裁判所の母性優先・継続性優先に著しく偏った判例主義によって、多く子供たちに悲劇が起きていることをもっと報道して、世間の人たちに伝えてください。

    29
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。