意識のない客を連れ回しカードを使いまくり公園に放置 裁判で明らかになった「ぼったくりバー」の最悪最低の手口

意識のない客を連れ回しカードを使いまくり公園に放置 裁判で明らかになった「ぼったくりバー」の最悪最低の手口

写真はイメージです

以前にキャバクラ店従業員として働いていた手島智宏(仮名、裁判当時22歳)は、婚約者の妊娠をきっかけにキャバクラを辞め昼の仕事に就くために就職活動をしていました。しかしなかなか就職先は見つからず、「昼の仕事が見つかるまでのつなぎ」として池袋のキャバクラ店『キャロットキャロット』で勤めはじめました。

婚約者や婚約者の父は、
「普通の飲食店だと思ってました」
と供述していましたが、実際にはここはいわゆるぼったくり店で客に対して法外な料金を請求する悪質な店でした。

「家族には仕事の内容を知られたくなくて言ってなかった」そうです。

ある日、この店に意識を失った男性、北川(仮名)が連れ込まれてきました。

北川はキャッチに勧誘されて赤坂にある系列のぼったくり店『セレーネ』に入店、飲食をしましたが法外な代金を請求されて支払いを拒み、店員に暴行を受けていました。入店前から泥酔していた北川は酒と暴行の影響で意識を失ってしまっていました。

「救急車を呼んだら警察沙汰になるかもしれない」

ということでとりあえず『キャロットキャロット』に運ばれてきたのです。

『セレーヌ』の店員は、

「殴ってケガをさせていたのでこのまま帰す訳にはいかないと思いました。場所を移動して被害者のクレジットカードを使って遠くの別の店で呑んで『他の店でも呑んでた』ということにすればうやむやになると思っていました」

と供述しています。

「ケガしてるからこのまま帰せない。手伝ってほしい。アト付けに行こう」


あわせて読みたい

気になるキーワード

TABLOの記事をもっと見る 2019年6月30日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「就職活動」のニュース

次に読みたい関連記事「就職活動」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。