女子大生へ自白強要! 嘘をついた愛媛県警に取材したところヘラヘラ対応されました 「TABLOなんて知らないし」

女子大生へ自白強要! 嘘をついた愛媛県警に取材したところヘラヘラ対応されました 「TABLOなんて知らないし」
拡大する(全1枚)

立派な建物の愛媛県警

愛媛県警松山東署の誤認逮捕と自白強要が日本中から非難されています。

今年1月9日にタクシーから現金約54,000円が入った運転手のセカンドバックが盗まれた事件で、ドライブレコーダーをもとに5月、6月に任意で取り調べの後、7月8日に女子大生Aさんが逮捕されました。

裁判所に勾留請求が認められずに7月10日に釈放されました。その後の再捜査で別の若い女性が容疑者として浮上し、Aさんは誤認逮捕されたことが判明したのです。

ドライブレコーダーに映っていた犯人とAさんは顔立ちが似ていたので間違えた、しかし自白の強要はなかったと県警は弁明しています。

執拗に自白を強要されたAさんは弁護士に委任し、国家賠償訴訟を検討しているようです。Aさんの代理人が会見でAさんの手記を読み上げると、酷い取り調べの会話が明るみになりました。

【やってないことを証明できないよね】【タクシーに乗った記憶ないの? 二重人格?】【君が認めたら終わる話】【認めないからどんどん悪い方へ行ってるよ】【就職もきまっているなら大ごとにしたくないよね】

女子大生が「本当の犯人を捕まえてください」と訴えると、

【犯人なら目の前にいるけど】

と断定されて悔しい想いをAさんはしたそうです。

「取り調べの際に黙秘権を行使できる旨を伝えないといけないのに伝えていない刑事のせいで、取り調べの証拠が違法証拠とされる判例が出ている時代ですよ。高圧的な自白強要は時代錯誤甚だしいですね。誤認逮捕で国家賠償請求訴訟を起こされても、裁判費用や損害賠償金は税金から支払われ、誤認逮捕や高圧的な自白強要した刑事には個人的なお咎めはないのが理不尽です」(法律事務所関係者)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク