三崎優太氏の「1億8千万円のバラマキ」に群がる貧乏人コメント その中で一際異彩を放つ“貧乏タレント”の声

三崎優太氏の「1億8千万円のバラマキ」に群がる貧乏人コメント その中で一際異彩を放つ“貧乏タレント”の声


今年2月12日、約1億8千万円の所得を隠した疑いで法人税法違反(脱税)容疑で東京地検特捜部に逮捕、起訴された青汁王子こと三崎優太さんが、自身のツイッターで計1億8千万円のバラマキを行うと宣言し、話題となっています。

保釈後、今年5月からツイッター上で多くの話題を振りまいてきた三崎さん。情緒不安定をアピールする動画や、デリヘル嬢を呼ぶも勃たなかったことで泣き叫ぶ動画、そして焼き鳥屋でアルバイトするもクビになり従業員や客に袋叩きにされる動画をアップ、さらに新宿・歌舞伎町の老舗ホストクラブ「愛本店」に入店し荒稼ぎしつつ、ほかホストやホスト狂いの女性たちから「歌舞伎町を荒らすな」と苦言を呈されていたことは、記憶に新しいところ。

かねてから8月末でホストを辞めることを宣言していた三崎さんでしたが、東京地検特捜部に対してなんらかのアクションを行う意思は、8月中旬から見せていたといいます。

「週刊誌の取材に対し、“これまでの言動は、すべて注目を集めるため”“東京地検特捜部に言いたいことがある”と息巻いていました。彼が実際に動いたのは、東京地裁から懲役2年、執行猶予4年の有罪判決が出た翌日の9月6日。自身のツイッターの過去の投稿をすべて削除した上で、『僕が脱税したとされている【1億8千万円】を日本の未来のために贖罪寄付します』『応募方法は僕をフォローいただき(中略)、リプ欄に記載の動画を見て、このツイートをRTしてください』と書き込みました。その動画の内容が、当時国税局の長官だった佐川宣寿氏を断罪するものだったのです」(週刊誌記者)

以前、ZOZO TOWN代表取締役の前澤友作さんが100万円をツイッターユーザーらに寄付した手法を参考に、注目を引きつけたという三崎さんの元に寄せられた応募コメントは、9月10日現在で5万件以上。金を欲しがる人々が、

「私は母子家庭です。親孝行の一歩として、海外旅行に連れていきたい」「母子家庭で育った2人の息子の将来の幸せのために応募します」「100万円あればなんでもできるから、今の生活を抜け出して母子家庭で育ててくれた母親に親孝行できると思う」「人生を変えたいです。23歳女子大生です」「贖罪が目的なら、全国にある子供食堂に資金援助してはいかが?」「確実に1週間で使い切ります」「私も日本の税制度がバカらしくて海外移住しましたが、ビザなどの問題で仕事でトラブルになり、来月から海外で無職になります。100万円を使ってビジネス展開したいです」「今まで税金について深く考えたことはなかったですが、この動画を見て、当たり前に払っている税金が無駄に搾取されていることに気づかされました」「夢を叶えるため毎日往復3時間かけて県外の大学に通っていますが、毎日お弁当を作ってくれるお母さんに恩返しがしたいです」「真実が知れてよかったです。青汁王子のおかげで私も子供たちも青汁が大好きになりました」

と、続々とコメントを寄せています。
そんななか、ひときわ目立つコメントが。

「坂口杏里です!」

出た!

「戯言はいらない……この4文字だけですべてが伝わるはず……、という彼女のみなぎる自信が感じられますね。これまでホストクラブにたまっているツケを支払ったら数時間で使い切ってしまいそうですが……」(前出・週刊誌記者)

誰よりも人生を変えたいと願っているだろう彼女の思いが三崎さんに伝わり、当選することを願っています。(文◎じゅる王)

あわせて読みたい

TABLOの記事をもっと見る 2019年9月11日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。