本サイトが報じたタイの違法民泊騒動 ついにタイ政府機関が汚職取り締まり捜査に動いた 渡航時は注意を!

本サイトが報じたタイの違法民泊騒動 ついにタイ政府機関が汚職取り締まり捜査に動いた 渡航時は注意を!
拡大する(全1枚)


日本人に人気の観光地のタイのパタヤ。そのパタヤの以下のコンドミニアム(マンション)で営業している違法ホテルの被害について、先日もTABLOで報じた。

この闇ホテルには本サイト副編集長も被害にあっている。前回記事で伝えた通り、このコンドミニアムはタイの不動産会社の「レイモンランド」という会社が開発した物件だ。同社は2016年夏に日系の不動産会社に物件の開発協力を依頼。その際の条件として、レイモンランド社経営陣が同物件の入り口のセールスオフィス等の最優先利用権を約して、開発や投資を協力させてきた。

日系の不動産会社はこれに応じて協力を行ってきたが、2018年夏に突如としてレイモンランド社が約束を反故にし、その最優先利用権を約した場所にオープンさせたのが、この闇ホテルを行うEzi Trip Stayという会社の違法賃貸業オフィスだったのだ。

この違法賃貸業は住民たちの苦情を受け、今年の2月に当局の摘発を受けて逮捕された。

ところが、当局の摘発をされた後も違法賃貸業を再開。さらにレイモンランド社が当初から設立した管理会社のセキュリティーのスタッフなどが協力し、違法賃貸のチェックイン・アウトまで手伝い、規模を拡大して実施されている。

周囲にはレイモンランド社の社員を名乗るタイ人から「イージートリップ社が逮捕された事を言うな、警察はどうとでも出来るんだ」と脅迫する電話がかかってくる脅迫事件も発生。これも警察に通報されるに至っている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク