神奈川県警厚木署が発達障害児少年を書類送検 こんな差別的な捜査が行われていいのか!? 腐りきった警察内部事情を取材

神奈川県警厚木署が発達障害児少年を書類送検 こんな差別的な捜査が行われていいのか!? 腐りきった警察内部事情を取材

驚くほど腐りきった警察官たち

本サイトの厚木警察署の電凸記事をご覧になった厚木警察署の被害者のCさんから、情報提供を頂き、取材させていただきました。被害者は当時小学校四年生のBさん(Cさんの息子さん)です。

冤罪で児童相談所に通告されてしまったという酷い話です。児童相談所への通告書の内容に誤りがあり、厚木署員が書類送検された旨が平成30年の3月6日の神奈川新聞で報じられました。平成28年4月11日午後4時頃に帰宅途中のBさんは上級生の女児童Aにからかわれたので、Aの脚を蹴ったとして、児童相談所通告になったという事件です。

Bさんは発達障害児であるにもかかわらず、厚木警察署はAの証言を妄信して、実況見分もせずにB側の主張を排斥して、Aの膝を負傷させた触法少年としてBさんを厚木警察署は扱ったとのことです。それに対して神奈川県警広報県民課の報道担当の松山氏は「調査(未成年では捜査と言わずに調査と言う)は適正に行われております。(生活安全課少年係 厚木警察署)」との回答でした。

さらに、厚木警察署生活安全課青柳巡査部長が、Bの法定代理人に対してAへ慰謝料を支払うこと、Bを転校させること等を提案するという民事不介入の警察の立場から逸脱した言動があったことに対して、「平成28年7月5日  Bの法定代理人から相談があり、一般論としての回答はしています。(生活安全課少年係 厚木警察署)」(神奈川県警広報県民課の報道担当の松山氏)。これに関しては、Cさんは青柳巡査部長の脅迫音声をCDに焼いて、厚木警察署員に複数枚渡しているにもかかわらず、引継ぎもできずに確認を怠っていたようです。


あわせて読みたい

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「神奈川県警厚木署が発達障害児少年を書類送検 こんな差別的な捜査が行われていいのか!? 腐りきった警察内部事情を取材」の みんなの反応 12
  • 厚木警察署長 通報

    大宮秀之(通告時かな?)清水昭人(9月迄・現川崎警察署長、御栄転)

    6
  • コーチ落石 通報

    アホポリスに回避可能性はない。 免責されない。

    5
  • 黒岩引退 通報

    使用者責任で神奈川県知事の黒岩をやっつけた方が良いです。山北町イジメの黒岩 灘高上級国民

    5
  • リクエスト 通報

    9月に就任した新しい署長に直撃取材は いかがでしょう

    5
  • 下級国民 通報

    上級国民はひと味違うね。

    5
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月16日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。