児童相談所が闇に葬ろうとした「嘘」 神奈川・厚木で判明した愚行とも言える“冤罪イジメ”を許すな――!

児童相談所が闇に葬ろうとした「嘘」 神奈川・厚木で判明した愚行とも言える“冤罪イジメ”を許すな――!

こんなことが横行している日本社会(写真はイメージです)

兵庫県神戸市では四人の教師が暴走してイジメセクハラパワハラ三昧という異常犯罪が次々と判明する異常事態。福岡県宗像市では保育園副園長が児童への暴力で逮捕された他、複数の児童への虐待、60人もの職員を退職に追いやったパワハラ問題が浮上。

これでは、安心して学校や保育園に子供を預けられません。

残念なことに虐待などから児童を守るのが仕事の児童相談所の職員が情報を漏洩して、いじめを誘発した疑惑が神奈川県厚木市で浮上しました。

女生徒Bさんに怪我をさせたという冤罪で厚木児童相談所に通告され、転校を余儀なくされたAさんが被害者です。

Aさんは通っていた進学塾で一部の生徒から避けられたり、無視されたりというイジメに遭うようになりました。心配したAさんの法定代理人のCさんが塾講師と面談したところ、Aさんが通う塾の生徒の母親Kさんが、

「女の子を怪我させて転校した人間と一緒に塾に来させて大丈夫でしょうか」

と塾講師等に吹聴していたことが判明。Cさんは名誉毀損罪でKさんを告訴し、書類送検されました。

Kさんが吹聴した内容は、厚木警察署が厚木児童相談所に送った通告書に記載された誤記載のものでした。Kさんと塾のママ友の関係にある児童相談所職員Sさんから情報を入手した可能性が高いと思ったCさんは厚木児童相談所に問い合わせしました。

「当時の児相の副所長Mさんは、SさんはAさんの事案には関わっていないと主張しました。後に裁判資料として情報開示をしたところ児童相談所作成の「児童記録票」のファイルの記載者欄にはSさんの名前が記載されていました。Sさんは、私がファイルを見ることはないと思って嘘をついたのでしょう。その後、Mさんは定年退職し、Sさんは部署が代わり、後任者は『本人に確認しましたが、情報漏洩はしていません』と主張しています」(Cさん)


あわせて読みたい

TABLOの記事をもっと見る 2019年10月27日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュース

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「痴漢」のニュース

次に読みたい関連記事「痴漢」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。