2050年にバンコクが海に沈む――!? 米国気候研究組織が厳しい結論を発表 タイ政府は『遷都』を検討か?

2050年にバンコクが海に沈む――!? 米国気候研究組織が厳しい結論を発表 タイ政府は『遷都』を検討か?

水の都・バンコク……になるってこと!?(撮影◎編集部)

タイの首都バンコクは、2050年までに海面上昇によって大部分が水没しそうです。

オンライン限定の科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に掲載されたアメリカの気候研究組織クライメート・セントラルの分析結果によると、2050年までに気候変動による海面上昇の影響を受ける世界の人口は、これまでの予想より3倍以上増える可能性があるとのことです。

従来の人工衛星を使用した標高測定では木々や建物と実際の地面の高さの判別が困難だったのですが、この分析では人工知能(AI)を用いたことで、従来の海面上昇予測が低く見積もられていたことが判明しました。

その結果、ホーチミン、上海、ムンバイといったアジアの都市と並んで、タイのバンコクもその大部分が水没すると発表されたのです。水没地域に現在居住するタイ国民は従来の研究では人口の1%とされていましたが、一気に10%あまりに増加。

分析結果の地図では、バンコクの大部分が水没。さらにタイ湾沿いの隣県の多くと北郊の運河の多い地域も水没するとの結果となっています。

バンコク在住の国連防災担当官は「気候変動が都市に様々な面で圧力をかけるだろう。洪水に見舞われると、田畑を捨てて仕事を得るために都市に出てきた貧しい農民層も影響を受ける」と語っています。

この分析結果について国立カセサート大学水産学部の海洋学研究員トーン・タムロンナワサワット博士が自らのフェイスブックで解説をしています。そこでは地球温暖化により百年後には海水面が2メートル上昇すると報じられているものの確実な証拠はなく、多くは2050年に20~30センチの上昇で21世紀末には50~70~100センチの上昇だろうと推測されているとの見解を述べています。


あわせて読みたい

TABLOの記事をもっと見る 2019年11月9日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。