小栗旬 沢尻エリカにドラッグ使用を忠告か、9月放送『ボクらの時代』

記事まとめ

  • 今年9月22日放送の『ボクらの時代』 に小栗旬と沢尻エリカが出演。
  • 小栗がドラッグの話題を振ると、沢尻が無言になり水を飲み干す一幕があった。
  • ネットでは、沢尻への忠告だったのではないかと話題に。

沢尻エリカが緊張のあまりか水を飲み干すシーンが… テレビ番組でドラッグ使用に釘を刺す俳優がいた

沢尻エリカが緊張のあまりか水を飲み干すシーンが… テレビ番組でドラッグ使用に釘を刺す俳優がいた

元々、嘘を付くのが苦手な人だったのかもしれない(写真はイメージです)

合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕された沢尻エリカ容疑者。そんな彼女に、ある共演者がトーク番組にてドラッグに関する忠告をしていたのではないか……とネットで話題になっています。

その番組とは、今年9月22日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)。これには沢尻容疑者のほか、俳優の小栗旬さんと映画監督の蜷川実花さんが出演していたのですが、ある場面で役者が演技や役に没頭するあまり、フィクションと現実の境界線が曖昧になることがあるという話になったのです。

そこで小栗さんは「人間って正直そこまでほんと強くないじゃないですか、心が。たぶん。とてつもなく繊細で、心が弱くて。でもだからこそ別人格を演じることに命を懸けているから、気が付くと何かを頼ってしまうんだ、という瞬間がたぶんあるんだと思うんですよね」と発言。その後、「この話は(テレビ的に)使える話じゃないと思うけど…」と前置きしたあと、「絶対に日本的にはいい話でもなければ、良くないと思うけど。役者が結局それでオーバードーズみたいなことになって、死んでしまうみたいなことは…、もう、あるよな!と思うわけ。ほんっとに。例えば最近で言えば、ヒース・レジャー(注・急性薬物中毒で2008年に死去)だって、あの(映画)“ジョーカー”を生んだんだとなったら、なるよ。だって現実がどこかって、きっと分かんなくなっちゃうんだもん」と熱弁したのです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

TABLOの記事をもっと見る 2019年11月19日の社会記事
「沢尻エリカが緊張のあまりか水を飲み干すシーンが… テレビ番組でドラッグ使用に釘を刺す俳優がいた」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    執行猶予がつくとはいえ、薬物利用者をすぐ復帰させる芸能界はおかしい。庇い合う、業界人同士も

    3
  • ヘルパースケルター 通報

    蜷川さんの周辺も調べてほしい。

    3
  • 匿名さん 通報

    誰かに忠告されたからといって、止められるレベルじゃない。タバコやギャンブルなど何かしらの依存を抱えてる(た)人なら、思い当たる事はあるんじゃないかな。

    3
  • 匿名さん 通報

    麻薬に対する量刑は、悔しいが、支那のほうが優秀

    3
  • 匿名さん 通報

    チクったとか売ったとか、売人でも彼でもなくて、世間の目を亭主と大麻からそらすためのアキエじゃね?

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「監禁」のニュース

次に読みたい関連記事「監禁」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。